<< シルクロード文字をたどってー日... 新しい香りの創造―GREEN ... >>

見えない世界をとらえてーBROWN CHAKANA(ブラウンチャカナ) 

f0149554_355935.jpg


 前回のエメラルドの奇跡のお問い合わせ、ご依頼ありがとうございました。随時、その方の香りのイメージ合わせて香りをおつくりしてお送りします。基本的なチャートはありますが、人によってはかなりチャートを変えて変えていきますので、よろしくお願いします。

 さて、最近騒がれている芸能人の方々ですが、香りで表現するとどうでしょうかなどというご意見をお聞きしますが、流石に僕も、あまりにも希薄な方の香りのイメージはつくる意味を感じません。それどころか、今回騒がれている方たちは、今まで世に知られているようなイメージで存在していたことが不思議な方々ではないかと思ってしまいます。

 酒井さんですが、あの方は全く本人でないイメージというか残像みたいなものを追ってきた方ですが、彼女が売れるすぐ前に若くして自ら命を絶ったタレントさんがいたようですが、その方の遣り残したことを単に彼女が引き継いでいたというところが正確なところでしょうか。

 イメージというのは、本来何かを映し出している投影のようなものですが、最近のイメージという時はどうも、投影機そのものが勝手に動き出しているような気がしています。デジタル化で、そのイメージは益々表面的なものが多くなってきましたが、実態以上に美しくしていまうことは、錯覚を呼ぶだけで、その錯覚にまたイメージを重ねていくので、何が元なのかわからなくなってしまいます。

 人には、確かに不可思議な力があると思いますが、それも五感がしっかりしてこそのものだと思います。中でも嗅覚の弱い現代人は安易に、幻覚や間違った夢を抱いてしまいます。

 将来の夢や、本当に大切な人との恋は、五感を元にそのイメージが出来上がってきます。勘違いや、イージーなとらえ方の連続では、本来出来上がるべきものも出来上がってきません。

 スピリチャルという言葉が独り歩きしていって、そういう五感を磨いたあとの貴重な産物を、あたかも安易に手に入れることが出来ると、うたっている組織もありますが、やがてはカルトになる可能性があると思います。人の心や精神は、本来、そんなに簡単に踏み込みことが出来る領域ではないと思います。

 僕の勉強会や、香りを勉強している人たちの多くは、この規律というか最低限度の約束は守ってもらっています。悩んでいる人や、苦しんでいる方の心に直接入ることなく、香りを通じてそこに映ったものだけを、解いていきます。

 香りは、何百種類もありますので、その方の多くの面を映し出します。子供時代の時から、すぐ前の出来事まで、香りの記憶がそれらを本人でも気づいていなかった部分をよみがえらせてきます。

 同じCHAKANAでもBROWN CHAKANAの力を借りると木の根のように、人の精神の深く隠れた部分をみることが出来ます。地中深く、見えない世界の中で実にたくさんの貴重な魂の情報が入りこんでいます。

 世阿弥の花伝書でも、芸能について安易にそれを真似れば、心や魂が奪われてしまうことに触れています。人が人の心を理解できるというのは、正確には何かを映ったものを通じて理解できるに過ぎません。この常識をおろそかにすると、やがては心の支配やコントロールが始まってしまいます。

 心が心を犯し、心が心を傷つけるようになると、精神が何時の間にか凶器になってきます。怨念、執念、妬み、嫉み、復讐心、それはみな心の凶器だといってもよいです。心の中にこういういう凶器を持ち込んだものは、誰かを傷つけずにはおれません。

 その逆に、愛や愛情、思いやり、気遣い、感動や感嘆、歓喜などは心の力になってきます。深くて強い愛情は、怨念そのものの存在を消していきます。ちょっとした気遣いが、嫉みや妬みを封じ込めることもあると思います。

 有難いお経や、強力な呪文そのものに力があるわけではないと思います。全ては、人の心から起こっていることでしょう。

 
[PR]
by fenice2 | 2009-08-12 14:47 | アロマ 香り
<< シルクロード文字をたどってー日... 新しい香りの創造―GREEN ... >>