<< 母の愛情と呪いと怒りー現代の鬼... 嵯峨野にてー花が持つ不思議な愛情 >>

故ダイアナ妃の思い出ー詩仙堂にて、香りの記憶療法について

f0149554_10465329.jpg
f0149554_10472388.jpg


 詩仙堂は、季節を問わず訪れるようにしていますが、昨日は天気の悪かったせいもあり、半分諦めの気持ちで訪れましたが、意外なほど紅葉が綺麗だったので豊かな気持ちで帰ってきました。

 詩仙堂は、故ダイアナ妃が好きな場所であったらしく、ご自分の手記にも何度かその名前が出てきますが、そのことが余計に僕自身何度も足を向かわすことになりました。

 京都は、多くが山に囲まれていますが、やはり嵐山もそうですが山側に近いところほど紅葉も綺麗で街中があまり紅葉していなくとも、綺麗な紅葉を見る機会が多いような気がします。今年は特に、京都でも綺麗なところが少なかったので、やっと秋が来た感じがしていました。

 香りの勉強会を通じて、こういう京都の自然や文化に触れることはとてもあり難く思っていますが、僕自身香りをつくることを通じて最近、益々心や精神の治療のような方向に向かっていることがよくわかります。

 心が病むとか、精神が荒廃するということは最近では当たり前のようにいわれていますが、勉強会や個人の方の香りをつくるうちにやはり、何故そういうふうになってしまったのかということを、一人一人カウンセリングしてきました。

 また、即効性はないものの、長い時間をかけて香りを接してくるとそういった心の病の多くから開放されてくるのをみて、理論的にはまだ不確かなところがりますが、結果が出ていっているのをみて近い将来必ず香りの療法として確立されてくるのではないかと思っています。

 先日も、朝日新聞の取材をお受けしましたが、やはり香りが、何らかの次の時代を担うキーワードになってくるような予感に思っている人は多いとのことでしたが、僕自身も日々そう感じています。

 香りの潜在的な可能性を見つけていくには、やはり純度の高い香料で調香によって色々な角度をみていくしかないような気がしています。アロマもかなり試しましたが、幾ら天然でも元々単価の低い香料をどれだけ合わせていっても、そういった心や精神につながるものは見出していけないのではと感じています。

 雑草や道端にあるようなアロマの香料は、体に摂取することによって薬として効果のあるものは多いと思いますが、百草丸のような胃に効くようなものが、香料の部分で、現代の心の病に可能性があるとはいえないような気がします。

 ローズやサンダルウッドなども高価なものは、心の治療には効果的と思っていますが、僕はある天然の香料が現代ではもっと効果があると感じていましたが、勉強会などでもやっと使い始めましたが、皆さん香水でもアロマでもない香りが出来上がってくるのに驚いているようです。

 香りのカウンセリングを通して、治療のようなものを続けていくうちに、だんだん現代の心の病がどのようにして起こってきたのかをわかるようになりました。勿論、個々人として違いますし、結果が出にくい方もあると思いますが、今占いや人生相談などもその知識と経験に頼ることが多いと思っています。

 僕自身も含めて、現代人は日々感覚を歪まされ、感性を失っています。普段は気づかないそういった内面の状況も、大きな決断や人生の岐路についた時に大きく左右することになります。

 困ったときにアドバイスを求める産業は、今の時代は幾らでもありますが、お金で手に入れたものと自分自身で掴んだものとでは雲泥の差があるような気がしています。僕自身は、自分の本当の意味での感性を育てる場所や環境もそういった産業とは別の部分でも出来てこなくてはならないのではと感じています。

 
[PR]
by fenice2 | 2009-11-30 11:46 | 香りの記憶療法
<< 母の愛情と呪いと怒りー現代の鬼... 嵯峨野にてー花が持つ不思議な愛情 >>