<< 第三章 香りと心の旅ー混乱する... 第二章 新たな香りを求めてー王... >>

作品の合間にー調香や香りの仕事について

f0149554_22411393.jpg


 ずっと思わせぶりな小説が続いていたのでさぞ退屈だった方もいると思います。最近の僕の仕事は新しい香りをつくる仕事と香りの勉強会が殆どです。以前は、確かに占いや人生相談のような分野も広げていたのですが、やはり本来の香りをつくる仕事に徹しようと思い、今年に入っては香りのみの仕事です。

 今の時代、何か言葉の力に酔って、意見や考え、もしくは思想みたいなものを訴える人が多いのですが、確かに一時的な影響力はあっても、僕はそういうものは人の心に残すものではないのではと感じています。香りの勉強を通じて、人生の悩みや苦しみみたいなものを話し合うのはとても楽しいのですが、何のつながりもない人に、自分の人生の教訓みたいなものを話すのは、流石に矛盾を感じてきました。

 癒すとか治療についても、一時的にはそういうものはあっても人はもっと創造性に富んだ生き方をすへきではないかと思うようになりました。確かに困った人がいて、何か手を差し伸べている人も多くいると思います。しかし、最後はどんな人でも自分の人生に責任を持ち、自分の人生を切り開いていくべきではないかとも感じています。

 香りを通じて、心に触れるようなこと、感動したり喜んだり、普段の生活では決して見えなかったものが発見できたり、そういうことの連続でよいのではと今は考えています。

 良い香料を捜し求めることは、一生のことですし、そのための技術はこれでよいということはないように思います。何かの役に立ちたいということもありますが、それ以上にもっと喜びや感動を与える仕事をしていきたいと思っています。

 小説を書きながら、今までのことをあれこれ心の整理をしていますが、やはり香りにはこれからの時代とくに色々な可能性があるような気がして、それだけにしっかりと焦点をあてていこうと思っています。

 香りについて関心の或る方や、香りの勉強についてご相談されて来る方もいますが、僕は何かお互いに通じるものが出てこないと、勉強をするにしても無駄になってしまうし、仕事も同じような考えにたっています。この厳しい時代だからこそ、ひとつひとつの仕事を大切にしていかなくてはと考えています。

 調香や香りについての色々お尋ねになりたい方は、下記のメールまでお願いします。

 fenice@bb-west.ne.jp

 明日から、いよいよ新しい香りの旅に出る第三章が始まります。お時間の或る方は、もう少しお付き合いください。

 
[PR]
by fenice2 | 2010-03-15 23:31 | アロマ 香り
<< 第三章 香りと心の旅ー混乱する... 第二章 新たな香りを求めてー王... >>