<< 新しい香りー鬼門香 今月26日、上賀茂手作り市に参... >>

感覚という感情の武器ー香りの小劇場という勉強会

f0149554_20164340.jpg


 好きなものが、必ずしも幸福にしてくれないことと同じで、好きになった人が必ず幸福にしてくれるとは限らないような気がします。好きなものばかりを食べていると、身体を壊すことにも似ていますが、良薬は口に苦しとも言いますね。

 最近、好きになったけれども不幸な付き合いになった人を、よく見かけます。好きと言う感情は、香りをみていてもわかりますがなんとも気まぐれで、あまりあてにする部分が多くありません。世の中は、好きな人と結婚できれば思う人も多いのですが、好きになった人と幸せになるのは、いろいろな意味で合う人と幸せになる可能性よりもかなり低いのではと思います。

 子供のころは、純粋と言いながら、こういう感情に対してはあまり良いものはないはずです。友情ならまだ美しいものもありますが、恋愛などはどうも若いときでもいい加減なものが多いような気がします。今の世の中、システムティックになりすぎて、こういう感情が後手に回って表れるように思いますが、それがまた感情との良くない付き合いになっているような気がします。

 以前にも書きましたが、僕は感情と理性は別々に存在していると思っていますので、本当の意味で快楽を求めているときは、理性などはどこにも働くことはないと思っています。人間とて、感情のままに行動すれば獣となんら変わらない行動をします。

 好きと言う感情さえ持っていれば、何とかなるような言い方をする人もいますが、むしろ冷静に判断したものと比べれば、はるかに危険な要素が多くなってくるように思います。しかし、感情を押さえつければ、今度は逆に妙なストレスがたまってしまいます。人間は、もともとは感情の生き物ですから、それを隠したり抑えたりするのは、本当はあまり理にかなっていないことなのかもしれません。

 僕は、基本的には感情的な人間で、今まで色々経験したきたこともその感情の高まりから起こったことだと言ってもよいと思います。冷静に判断すれば簡単にわかるようなことでも、前後不覚のなるほど打ち込んで愚かなことも多くやりました。

 反省や後悔は一時的な、感情に対する反動であって、決して感情そのもの質みたいなものが変わったわけではないと思います。感情的に行った行動は、誰かを傷つけたり、陥れるようなことになることも少なくないです。僕の場合は、自分自身を傷つける、自虐的なことが多かったように思います。

 感情に対しては、最近とくに思うことは出来るだけ慣れ親しむことではないかと思っています。日ごろから、ある程度出し続けていれば、それほど暴走することも質が劣化することはないと思います。芸術や創造は、そういった感情を実にうまく淘汰していきます。

 最近、香りの勉強会については消極的な考えもあったのですが、やはり理屈ではいえませんが良い状態になることが多いように思います。また、以前はプライベートレッスンにこだわっていたのですが、良い組み合わせのメンバーなら、数人で行ってもよいのではと思っています。

 先日から、希望者を募っているのですが、今まで香りの勉強に触れていなかった方でも、参加出来るようにしようと思っています。人数は少人数で3人か4人で行います。材料費込みで5千円程度で行いますので、ご希望の方は、日にちの希望などを書いて、メールいただくと助かります。

 fenice@bb-west.ne.jp

 今、勉強会は主に京都で、あとは名古屋、横浜でも行っています。平日、休日関係なく人数が集まり次第行うことにします。詳しくは、またメールでご説明します。感覚に馴れ合う、親しむがテーマです。日ごろなかなか出せない感情を、調香でうまく引き出せるようになれば、幸いです。技術を学ぶ部分は、少ないかもしれませんが、ストレスを感じている人などには良い機会ではないでしょうか。

 香りをつかってうまく表現できるようになれば、自然と感情が表に出ているようになると思います。メンバーは、お互いを引き出せそうな方を選出していきます。調香の技術を特に習っている方もいるので、わからないところは聞き合って下さっても結構です。

 調香は、いわば小さな舞台に似ています。人前でつくることは、なかなか勇気がいることですが、慣れてくるとどうすれば感動が生まれるかもわかってきます。スピリチャルも良いですが、精神や心を変えていくのは、感情や感覚がもっとも重要ではと思っています。心を変えようとして、感覚や感情を押さえつけたり、歪ませるのは本末転倒です。

 「香りの小劇場」というような名前にしようと思っています。

 また、以前の厄香の作品が販売することになりました。こちらをご覧ください。割と低価格で出せたと思っていますので、商品ご希望の方や、販売頂ける方はご連絡ください。



 


 

 
[PR]
by fenice2 | 2010-09-21 22:53 | アロマ 香り
<< 新しい香りー鬼門香 今月26日、上賀茂手作り市に参... >>