<< 明けましておめでとうございます。 心に関係する技術とそうでないもの >>

女性らしい香りとはー或る女性らしさの崩壊の年

 
f0149554_0564872.jpg


 今年は、香りを通じて振り返ると、妙なタイトルですがまさにそういうことを感じさせる一年だったように思います。何でも強さみたいなものが前に出るようになって、自然と繊細さやしなやかさみたいなものが失われた年ではなかったかと感じます。

 性という部分を根本的に考えてみると、僕は基本的に女性があって、それから男性というものがあるのだと思っています。社会というか、生物学的にはオスとメスと区別はありますが、人間の性の部分については、男性という部分は基本的に女性とものの中の一部分過ぎないのではないかと考えたりします。

 香りについても、男性用と女性用と便宜的に分かれてきましたが、実質的には女性が男性の香料を使うことはあっても、男性が女性の香水を使うということは滅多にないように思います。香りの世界だけでみても、そういった性の区別はいまやほとんど意味を失っていますが、それは社会全体にとっても実はそうなりつつあるのかもしれません。

 長年の男性が作った独特の社会の仕組みが壊れつつある中で、女性にとって生きやすい世の中の構造になりつつありますが、その過程で皮肉にも女性らしさとか、しなやかさみたいなものが消えつつあるのではないかと感じることが多く危惧しています。

 男性らしさとか、男性が生きていく方向性みたいなものは、実はその広く伸びやかな女性らしさがあって芽生えてくることではないかと思っています。これは、香りをつくっていても同じようなことが言えます。女性らいしさや母性愛を感じさせる香料といえば、やはりローズですが、このローズを種類はとても多いので、一言では言えない奥深さがありますが、何度も生かすことが出来ない組み合わせに遭遇して、今年はずいぶん困った思いをしました。

 男性にうまく使われる女性、もしくは社会そのものに利用されがちな女性、意味合いは少し違いますがそういった内面を感じさせる調香に何でも出会ってしまううちに、なんともローズが悲しく思えることも多かったように思います。

 女性が出産もして社会進出することは、およそ男性には経験出来ない範囲でありますから、実際には多くのことを感じ、創造できる力を持っているように思います。しかし、社会や家庭の両方で、そういった広い感性や想像力みたいなものを維持していくことが出来る人はごくわずかな人しかしないのかもしれませんが、そのごくわずかな人も、何も目立ったことはしていなくとも本当の意味で女性らしさや繊細さを持っている人にはかなわないのではないかと思います。

 この香りの仕事も、より女性らしい香りをつくることのほうが難しく、香料も多く使うので複雑でより繊細な技術が必要になると思います。フランスの調香師がわざわざ東洋の女性をイメージして香水を作ったのも、こういった理由があるのではないでしょうか。見た目がどれだけ華やかに見えようとも、奥深い創造性を持たない相手に対しては何も奮い立つところがなかったのかもしれません。

 そういう意味では、世の中がツマラなくなったのも、単に男性が弱くなったとか、女性が強くなったとかそういった単純な問題ではないような気がしています。女性らしさとか、しなやかさみたいなものがなくなると、男性は、自分のより所がなくなって無気力になってくるでしょうし、生きがいのようなものも失ってくると思います。

 女性の方の香りをつくっていると、本当の自分の女性らしさに気づいたような香りをつくると随分良い評価をしていただくことも多いです。しかし、様々なストレスで、その女性らしさがあまり貴重なものでないと思い込んでいる方の香りをつくることは、なかなか難しいものがあり、案の定心に深い傷や悩みを抱えている方も多いと思います。

 世の中という大きなものでなくとも、小さな家庭が平穏なものになるのも母親を中心とする女性らしさが大切ではないかと、つくづく思えてなりません。こだわりやプライドも時には必要でしょうが、それによってもっとも大切なものが失われてしまえば、何も残らない生き方をしてしまうような気がしています。

 漠然と書きましたが、来年はもっとこういった女性らしさをテーマにお一人、一人の香りづくりを心がけていくべきではないかと思っています。癒しや、心地よさも大切ですが、女性本来の潜在的なものをもっと引き出してあげるべきなのかもしれません。
[PR]
by fenice2 | 2010-12-31 01:57 | アロマ 香り
<< 明けましておめでとうございます。 心に関係する技術とそうでないもの >>