<< 今のオカマ文化と香り 北野天満宮の白梅の香りー香りが示す力 >>

手でつくる香りの仕事、技、作品ー心通う香りとは

f0149554_18324519.jpg


 最近、FACEBOOKにばかり投稿していますので、色々お読みになりたいかたは、Daisuke Tujiで検索してみてください。写真と同じ人物像が出てきます。

 それにしても、仕事の合間に時々、自分の手を見るようになりました。男にしては綺麗な手だと思いますが、それほど手入れもしていないので、所々に傷や赤みなどもあります。どこかの寿司職人のような美しい手とは言えません。

 しかし、この手で10年以上香りをつくって、様々なドラマをつくってきました。少し難しそうな顔をする人も居ましたし、感動して何度も握手をする人もいました。最近はどちらかというと、香りをつくると僕から離れられなくなる人もいます。

 僕は、自分の手をみて本当によくやってくれているなと思うこともしばしばです。嗅覚は、鼻にあるのですが、最終的な香りの判断は僕はこの手に委ねます。

 イタリアに居るとき、駄目な職人がいると必ず悪魔の手がついているなどと言っていましたが、僕もこの仕事を続けていて、なるほど手は口ほどにモノをいうとはよく言ったものだと関心することもしばしばあります。

 僕は、自分の手が好きですし、本当に自分の手ながら感謝しています。どれだけ調香で困ったことがあってもこの手は、全く迷いも無く答えを出してくれることも多いです。ピペットを持ったときにそれは何か吸い寄せられるように、手早く動いていきます。頭でわかっている以上に手は、次々と香料ビンを選び出し、分量をきめていきます。

 僕は、香りをつくるのがうまいのではないと思っています。

 そうではなくて、香りをつかむのが上手いのではと思っています。それもこの手がまだ見ぬ香りをつかんでくれています。つくることは、何時も試行錯誤で完成品が出来たなどと思ったことはほとんどありません。

 僕は、そういうことから人と会うときはよく手を見ます。そしてそこから感じるものを大切にします。仕事も、愛情も人間関係も実はこの手から生み出されているんではないでしょうか。職人でないから手は関係ないと思っている人は、ちょっと認識不足です。

 日々の生活の中で、手を使わずに暮らしてくると、まるで何かベルトコンベアーに乗っているように不安になってくるはずです。不器用さから、手作業を避ける人もいますが、幾ら他人がつくった美しいものに触れても、幸福感は長続きはしないです。

 僕は、手から香りをつくり夢を作り出しているのかもしれません。しかし、本当の夢はやはり自分の手で日々作り出さないと夢が幻想になっていますのも仕方がないです。

 僕の手は、自分の心を伝えるようになっています。それだけに心が何時も問題にされます。ですから、心が大切にされます。手から生まれるものが、心につながっていくのではないでしょうか。

 心だけで、手を添えることを忘れている人がいませんか。
[PR]
by fenice2 | 2011-02-22 19:14 | アロマ 香り
<< 今のオカマ文化と香り 北野天満宮の白梅の香りー香りが示す力 >>