<< 不可解な時代の香りー男女の溝に... 感性が歪む時ー愛を失いかけた時間 >>

香りでつくる小宇宙ー感性の崩壊に備えて

f0149554_1757773.jpg


 最近、毎日感じることは日に日に、周りの空気の流れの中で今まであった感覚や感性みたいなものが次々に壊れていっていることです。まだ少しは残ってた繊細な雰囲気は消えて、何か空っぽになってしまった箱みたいなものが、周りに浮かんでは消えていっているような気もします。

 人がつくる社会は、残念ながら愛すら入り込むのが難しいのに、もっと大きな感覚はとても近づくことが出来ません。奇跡や感動みたいな部分は、今の世の中からはどんどん遠ざかっていって、希薄な存在になっているのかもしれません。

 感性を高めていくことは、自分という小宇宙の存在感を強めていくことになります。希薄で空っぽになった社会や組織は、人に虚しさや脱力感を与えるばかりになって、益々、心の中を不穏な状態にしていきます。

 一人一人が持つ小宇宙には、はっきりとした方向性があって、何かを作り出そうとする創造性を秘めています。社会の創造性や方向性はとても強い時期には、そういう内面からのエネルギーは弱められてしまいますが、今の時代はむしろ強められてきているはずです。

 思考よりも、発想、常識よりも自由さを求めていけば、自分自身の絶え間ない創造力にたどりついてくるのかもしれません。しかし、その中でもっとも難しいのは、経済との葛藤です。

 経済は、変革や新参者を許す範囲はもともと少なく、安定、信頼などを大切にする余り、心や内面のものの存在を見ようとはしません。経済にそういう部分が強ければ、世界がここまで貧富の差になってしまうことはないと思っています。

 富んだものは、自然目に見えるものばかりを追求するようになり、モノの無い人達は、精神的な満足で自分のバランスを保とうとします。また、社会は富んだものが、表現できる場所を増やしていくために、益々モノの無い人たちの満足するものと離れていきます。

 しかし、モノの貧しさがあるように、心の貧しさもあって、心が飢えると皮肉なぐらいモノでは満足できなくなってきます。中東の発展のバックボーンには、こういう心の貧しさが見え隠れしているような気もします。

 心の貧しさを補うには、小宇宙からの精神的な満足、感動や喜び、深い思い出のようなものが必要です。共感も大切ですが、自分自身が心から満足したり、感動したりするものを求めていくことは、生きていく上でとても大切なものではないでしょうか。

 香りをつくるたびに、今のような小宇宙のような世界を求めていることがわかります。癒されるよりも、もっと個性やアイデンティティを生かすほうに、香りが向いていっていると感じてなりません。
[PR]
by fenice2 | 2008-01-30 20:49 | アロマ 香り
<< 不可解な時代の香りー男女の溝に... 感性が歪む時ー愛を失いかけた時間 >>