<< つくられる幸福とうまれてくる幸福 体を愛する気持ちと心を愛する気持ち >>

男女の心と体のもつれー香りのカウンセリング

f0149554_23203725.jpg


 先日、WESTINホテルのウェディングフェアーに参加させて頂きましたが、そこで改めてお二人の香りをつくっていて、色々感じたことややらなくてはならないことを思い知らされました。

 あるペアーの方の香りをつくっていたのですが、香りを選んでいかれるうちにとても強いストレスを僕の方が感じるようになりました。勿論、今まで恋人同士や、ご夫婦などお二人同時につくる機会は多かったので、それほど気にとめる事はなかったのですが、今回は違っていました。

 お互いがあまりよく思わない香りを選んでも、それはよくあることで、むしろあまり好みが似ている香りを選んでも、必ずしも二人の仲が上手くいっているとは限りません。

 一人で香りを選ぶ場合と、二人で選ぶ場合は、特にお互いが意識をする間柄ならば、微妙に香りを選ぶものが違ってきますが、その辺りで二人の抱えている問題がはっきりしてきます。

 このことは、調香する経験をかなり積み上げてこないとわからないのですが、香りには心や気持ち、お互いの触れ合いの程度がどれくらいなのかもよく現われてきます。

 今までは、お二人の問題のことでもどちらかが、僕のところに相談に来られることが多かったのですが、やはり香りに関してはお二人同時にみると、お互いの気持ちや心のからみあった部分やもつれあったところがよりはっきりしてきます。

 占星術から来る、相性の悪さとか難しい組み合わせの部分はあると思いますが、香りはもっと現実的な部分、育った環境、様々な執着や願望などが出てきますので、現代はむしろそういう部分での困惑やトラブルが多いような気もします。

 現代の男性は、以前の男性のように女性をモノ扱いをする人は少なくなったのかもしれませんが、そうかといって純粋さを求めることもなかなか難しいことなのかもしれません。

 上の写真は、南イタリアのセジェスタの丘です。ギリシアの神殿などと違ってもっと身近で親しみがもてる感じがします。

 理想や純粋さも大切な精神性ですが、あまり現実をみないと何もかもだめにしてしまいます。

 
[PR]
by fenice2 | 2008-02-28 01:16 | アロマ 香り
<< つくられる幸福とうまれてくる幸福 体を愛する気持ちと心を愛する気持ち >>