カテゴリ:薔薇水( 1 )

桜の香りからくるインスピレーション

 
f0149554_1465677.jpg
桜が咲き始めましたが、今年は急に暖かくなったせいか、なぜか香りが深いものがないような気がします。平安時代も、梅、桃、桜の香りをきいて一年の占いをしたようですが、梅の優しくて深みのある香りと比べて、桜はあまりにも希薄で壊れやすいイメージを持ちました。

 それに合わせるように、世の中の動きが少しまた不穏なものが増えてきました。折角溶け出した氷が、上手く沈み込んでいかなくて、割れたまま何処からか落ちてくるようなイメージさえあります。

 春にとって、何よりも桜は主役でしょう。花は綺麗に咲きづき、急に暖かくなったせいもあって、花見は連日の人の波でごったがえしています。

 それにしても、香りは、良い印象は持っていません。そういう意味から、今年は世の中ももっともあてにしていたものが、良い状態にはならないことが増えてくるような気がします。仕事などもメインでとらえていたものよりも、半分趣味か遊びで接していたものの方が、モノになる可能性があります。

 人の繋がりでも、意外なところから深い関係になったり、恋人の間柄になるかもしれません。逆に、親や兄弟など血のつながるが濃い関係は、不安定でちょっとした間違いから大きな亀裂をつくってしまうことにもなるかもしれません。

 ローズは、母性愛や愛情を表す香りですが、今の時代は特にこの香りが必要とされているような気がします。広くて、強くて深い気持ち、そういうものが、どんどんこの世の中から消えかかっているのかもしれません。

 また、最近のコスメブームは、見た目の美しさを強調するものばかりで、香りや香料などもお粗末で良くないものが増えてきました。香りは、心を癒し人の気持ちを落ち着けますが、必ずしも救世主のような派手さはありません。

 しかし、心に働きかけたり、良い気持ちを喚起させたりすることはしばしばあります。以前の香水や、コスメにもそういう気品漂う香りはあったように思います。それだから、女性が化粧をするときは、大きな鏡面の前でとても優雅な時間を過ごせたものだと思います。

 しかし、今は公衆の面前で格安のコスメをいじくっている時代です。香りの品格が落ちたことで、美的な世界が破壊された悲しい出来事です。

 そういうようなテーマから機会があれば、特別な材料を集めて化粧品をつくることがあります。半分宣伝で申し訳ありませんが、今年も3月に沖縄の海洋深層水とブルガリアのブルガリアンローズの天然香料を調香して、薔薇水をつくりました。一部、香りを勉強されている方にはお分けしていますが、お問い合わせがあったので、ご紹介します。

 http://www6.ocn.ne.jp/~co-dai/D6.htm

 良いローズの香料には美肌の効果があるのは当然ですが、それ以上に香りが心や気持ちに良い影響を与えることを考えると、単に綺麗になったという以上の事柄があるような気がします。

 色々な美顔技術をつかって、綺麗になることは悪いこととは思いませんが、心の満足や人と気持ちで出会うことの楽しみを忘れてしまったら、単なる蝋人形のようになってしまうのではないかと思うのは僕だけでしょうか。

 
[PR]
by fenice2 | 2008-03-31 01:50 | 薔薇水