カテゴリ:宇宙人アミ( 1 )

宇宙というイマジネーション

 自分が愛読している本を紹介するのは恥ずかしいのですが、「アミ 小さな宇宙人」は何度読んでも感動する部分が多く、未だに発見することが多い本です。シリーズでまだ後5冊ほどありますが、実際にアミという宇宙人が語ったというものは3冊ほどです。

 途中からさくらももこが、イラストを入れましたが可愛らしいイラストとは裏腹に内容はかなり濃いもので、ファンタジーでもあり、SFのようでもあり、また哲学的な部分も多くあります。目の前の社会との対応のみでガチガチになっている人などは、良い頭の切り替えになると思います。

 僕は初めて会った人で気の合いそうな人には思い切ってこの本を紹介しますが、宇宙人がいるとか地球以外の世界があるということを、理論や理屈で攻めたてていくのではなくて、こういう世界があったらよいねという目線で、次々と不思議な世界を紹介してくことが妙な説得力があるように思います。仮に単なる思い付きで書いたとしても、あれほどの描写や具体的な人間関係までをつくることは、相当なイマジネーションが必要だと思っています。

 考えたら、若い頃、まだ経験もない10代の頃から暇があれば、人の相談にのることが多かったのですが、想像力が豊かだったのか、単なる空想好きだったのかわかりませんが、その人の本来持つべきイメージみたいなものが見えてきて、それを話すだけで不思議に思われたことがあります。

 魂とかオーラーとか色々な言い方をしていますが、どんな人にも本来はパーフェクトな世界観があって、その中ではあらゆるイメージが実現出来て、自分の存在感をしっかり感じるイマジネーションの世界があるように思います。

 勿論、現実は色々な制約や常識があって、そんなパーフェクトなイマジネーションを維持出来ることは不可能に近いのかもしれませんが、訓練や習慣によってはそれをなんとか心の何処かに置いておくことは出来ると思います。

 自分のイマジネーションがうまく働かない人は、誰かの為、好きな人でも、深く思っている人でも良いのですが、喜ぶ顔を想像しながら何かをつくることが大切だと思います。今はメールとか携帯とか安易なコミュニケーションツールはそろっていますが、気持ちや心を伝えたりするのにはむしろマイナスな部分もあるのかなと思ったりします。
 
 世界中で出版された本ですが、在庫の問題もあり大手の本屋にしか無いと思います。もし、お時間があれば是非読んでみてください。

f0149554_19313833.jpg


 
[PR]
by fenice2 | 2007-10-13 19:58 | 宇宙人アミ