<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

香りの中にある日本人のidentity

f0149554_18433326.jpg


 少し前に、海外で勉強されたヒーラーの方が、香りに触れてみたいと仰ったので、一緒におつくりしましたが、自分が今まで捉えていた問題やその答えや感覚が、同じような内容でもかなり違うという話をされました。

 今色々な癒しや、ヒーラーと呼ばれる方が多い中で、本当の意味で日本人の感覚や感性で始まったものはとても少ないのだと思います。という、こういう香りをつくる構造や勉強も確かに最初は、イタリアやフランスなどの調香技術を学んでこなくてはならないでしょうが、しかし何時まで経っても、その延長では、日本人の優れた感性を再発見することもないように思います。

 欧米人のインスピレーションの源は、鉱物や石にありますから、石化された文明に平行されるように、水晶などのパワーストーンなどから、様々なメッセージを読み取ることもあるようです。

 しかし、日本人の元々の感性や感覚は、野に咲く花や、山からくる風の流れで、様々な状況を読み取り、また生き方にとっても深いメッセージを読み取ってきました。

 社会から孤立したり、人間関係の歪みなどを読み取るには、水晶などから石化されたメッセージを受け取ることは、とても有効的であり、役に立つこともあるかもしれませんが、日本人の感性を犠牲にして、欧米人の生き方や文明を引き続けるだけに利用されることもないとは言い切れません。

 香りや匂いなどからくるメッセージやインスピレーションは、とても繊細で儚いものであって、よほど日頃からそういう感覚を研ぎ澄ましていなくては、なかなか読み取ることも受け取ることも出来ないのだと思います。

 また、日本人は特にそういう繊細な感覚に敏感で、そういう意味では人の気持ちや世の中の流れを読むことに才能を見出していました。長い時代神国日本として、独立を保ってきたのは、単なる偶然ではないです。

 男女の関係でも、石化したメッセージの影響で何もかもくっきりはっきりした答えがないと不満な方が増えていますが、インスピレーションというよりは、狭い社会や組織でのモラルや規律の延長であって、深い気持ちや心、愛情を締め出す結果のものも少なくありません。

 今の時代も、先のみえない時代だとよく言われますが、元々、未来や将来は何もきまっていない存在であり、無理に読もうとすると余計に別のストレスをつくってしまうのではないでしょうか。

 香りからくるメッセージは、何処から流れてきて、何処にいくなど恒久的なものを明らかにしていくのに調和していますが、それこそが元来の日本人に流れていた感性であって、identityだと思えてなりません。

 人は不安になると、より明確な答えや情報が欲しくなっってきますが、それらの情報が幾ら増えていっても、不安な気持ちが消えていかないのは何故でしょうか。

 心から思う人と、上手くいかないことがあっても、その方の本当の気持ちやイメージさえ掴んでおけば、何故か気持ちは落ち着いてきます。

 最近になって、なかなか会えない方や、うまくいかないけど、深く愛している方の香りをつくって欲しいといわれるのもそういう理由なのかもしれません。

 不安になっても、全体のイメージさえ掴んでいれば、なんとなく迷いが消えるものです。逆に個々の行動情報を細かくみていっても、逆にストレスを感じてしまいます。

 人の気持ちは元々不安定で、不確かなものではないでしょうか。男女の関係になろうと、大切な仕事関係の繋がりになろうと、そう簡単に落ち着いてくれるものではないです。

 個々の状況では、複数を好きになったり愛したりすることもあります。しかし、恒久的な立場でみれば、人はそれほど深く愛することが出来る人は多くありません。また、仕事にしても心身をかけて取り組むことが出来るものは、一生に一度あるかどうかです。

 心にも、愛情にも不確かで不安定なものを持つことはむしろ大切なことです。無理に安定させようとすること自体が、心を病んでしまうことにもなるような気がします。

 蛇の頭を持つメディーサは、人を石化していきましたが、あまり心や気持ち、また将来など元々はっきりしないものを固めてしまうのは、そのメディーサの行為と同じ事だと思います。

 
[PR]
by fenice2 | 2008-07-25 21:08 | アロマ 香り

香りが消え、そして人の魅力も消えていく

f0149554_1957279.jpg


 暑い日が続いていますが、こういう環境の中ではともかく何もかも乾燥していって、雨季の時期とは違って急速に匂いが周りから消えていきます。

 アラブの人のように、あまり強い香りをつける必要はありませんが、この時期に香りに対する慣習や好みが激変してしまう人は多いようです。

 匂いや汗が気になる季節ですが、ここまで暑いと、単に匂い消しのような香水などは、蒸し返すような不快な匂いとして感じてしまうこともあります。

 気候が穏やかで、適度な湿度があるほうが、香りは好ましい状態で影響を与えますが、ここまで気温が上がると、揮発時間が早まって、何でもより強い匂いに感じてしまいます。

 余程の体臭が感じられない人でない限り、この季節はあまり強い感じのする香料は避けるべきだと思います。基本的に柑橘系を中心としたものに絞っていって、ヒノキなどのウィッディ系のものは、避けたほうが無難です。

 暑くて次第に嗅覚が鈍ってきますので、知らないうちに似たような食材を食べるようになりますが、その変化の無さがマインドの低下を起こすことになります。

 今年は、南方系の香り、マンゴー、パッションフルーツ、マンダリンなんかも流行っているようです。果物としても人気があるものは、香りでも人気があります。

 酷い暑さは、人の気持ちや心のエネルギーを奪っていくような気がします。人に対する細かい気遣いや思いやりがおろそかになり、思わぬ誤解を与えてしまうことにもなりかねません。

 グレープフルーツオレンジなどの柑橘系の香料をどこかに置いておくと、自分の気持ちをしっかり取り戻してくれることがあると思います。ミントなども良いかもしれません。

 香りは、寒い時期よりもむしろ、暑い時期にその魅力を失いかけます。折角うまくいきかけたお付き合いも、こういう些細なことが原因で破談になることもあります。

 この時期こそ、香りを慎重に選んで頂きたいと思います。
 
[PR]
by fenice2 | 2008-07-24 20:22 | アロマ 香り

蝶人の会(仮名)の発足についてー運命と対立する香りを探して

f0149554_23292888.jpg


 最近やたら暑い日が続いていて、少しバテ気味ですが、過去世の業を背負った立場であるので、まだまだやらなくてならないことをしなくては、真から心の平安が訪れることはないようです。

 お陰様で多くの方が、香りに触れたり、調香の勉強をするようになって頂いていますが、単にビジネス的な枠の中では、なかなかやりたいことの10分の1も出来ないことも多く、資格ビジネスの延長のような存在しかなければ、深い意味で香りを会得していくことは難しいのではないかと思っています。

 香りそのものも、主役というよりは背景のような存在であるように、その香りをつくるということも、どれだけその方のイメージや生き方の背景みたいなものをとらえることが出来るかに関係しているので、そういう意味ではこの仕事の大部分は、より豊かな感性をみにつけるということにあるのではないかと思っています。

 どのような仕事でも、執着や欲望、野心的なマインドなどが動機になっているのは仕方が無いにしても、この仕事ほどそういう内面が見え隠れしてくると、ダメになってしまうものも少ないのかもしれません。

 それだけ、この仕事が夢や希望など、美しいものや感動するものを求めてこられる方が多いからなのかもしれませんが、つくり手もその要望に応えていかなければ、なかなか成り立っていかないのではないかと思っています。

 単なる想像や、言葉の遊びでも人は夢や希望を見出すことは出来ますが、それを形にする努力が無ければ(現実のとの格闘),何時の間にかマインドの力の薄い人間になってしまいます。

 僕自身でも時々、そういうマインドの弱さを感じることもしばしばあります。僕の人生で出会わなくてはならない人は、運命学的には困難な結果が出ているものが多く、そういう意味では時々同じように将来を担う存在でも、星と香りは大きく対立して、心や気持ちを悩ましてしまうことも少なくありません。

 (あくまで冷酷に時を刻み続ける星の動きと、感情や感性、想像力によって大きな力を持つ香りは、実は全く相容れない運命を司っているのかもしれません。)

 大げさな言い方ですが、時々運命とは何だろうとか、決められていることに素直に進んでいくことが本当によいのだろうか、などということもよく考えます。結論として、どうでもよいような、些細なことや、不幸を単に避けるだけの手段ならば、統計学や占星術などは役に立てるべきだと思っています。

 しかし、香りは規則正しく天空を周る星星とは違って、ある日突然に何の前触れも無く人を魅了することもあれば、その逆にそれに触れたことで堕落した人生をつくってしまう前例も多くあります。

 香りとは、最近その影響力は目立つものはなくても、人生や運命そのものを根底からひっくり返してしまうほどの大きな力を持っているのではないかと考えています。

 時々、香りをつくっていてこれが神に繋がる物質であることや、神官しか触ることが出来なかったという理由がわかるような気がしています。

 香りを、臭いや匂いという分類でしかなかった猿人が、何処かの時点で香りを精神的な深みや豊かさとして捉えたときに、今のような豊かな感性を身につけるようになったと思いますが、もしくは進化したために香りをそういう想像力の道具としてみることが出来るようになったのかもしれません。

 与えられ、レールの引かれた基本的なベースとなるべき運命は、それぞれの人にはあると思います。しかし、香りに代表されるように、感性や情感としての部分で、本来歩いている道にもより多くの華やかさや想像力を見出すこともあるような気がします。

 今まで一つだけしかなかった道が、香りによって第二、第三の道が開かれてくることもあるように思います。新たな想像力を与えられたことで、より豊かな人生も出てくるような気もしています。

 香りを会得するには、与えられるだけのものではなかなか難しいではないかと思います。それにふれて、作り出していかなければより深い意味で理解することは出来ないように思います。

 技術を身につけて、何か良い香りがつくれるようになるのは、時々単に香りの可能性の一つに触れただけではないかと思うことがあります。

 そういう意味では、まだ仮名ですが”蝶人の会”という香りを会得するためのもっと自由な考えや感覚や養うことが出来る会を発足しようと思っています。

 もしかすると、香りは神様が与えてくれた遊びであり、気まぐれであるかもしれません。我々がもっと自分の気持ちや身を軽やかにしていれば、何かもっと大きなものを会得できるのではないかと思っています。

 そのことが、おそらく次の新しい感性の時代へと繋がっていくことが出来ると信じています。

 
[PR]
by fenice2 | 2008-07-19 00:26 | 調香・錬金術

鳥人間の末裔ー天使のルーツとそのメッセージ

f0149554_2345151.jpg


 何時の頃からか、よく空を飛ぶ夢をみるようになりました。実際にそこが夢なのか現実なのか解らないほど飛んでいることが最近特に多くあります。

 飛ぶ位置は、大体きまっていて、下りの階段の途中や大きな運動場のようなところから走っていって、飛んでいきます。上にあがるまでは、時々力が要るときもありますが、大概はそれほどの力を必要とせずに意識の強さのようなもので飛んでいく印象があります。

 飛ぶということは、実際は意識の中では誰でも出来て、そういう実感をもつことは可能だと思います。何か特別な感性や、感覚を身につけた人は、みな同じような話をすることも多いような気がします。

 人にとって、飛ぶことは何時しか条件や形、もしくは飛べないと信じること、飛ぶものに乗るものとの意識が強くなっていったような気がします。

 意識で飛んでいくことは、それなりの精神力が必要だと思いますが、それなりの自由な精神も必要です。

 大事なことは、今実際に空に向かって飛べることよりも、飛ぶことを意識したりそういう感性を身につけることだと思います。

 おそらく、何らかの環境や条件で人は簡単に飛ぶことが出来るのではないかと思っています。また、ナスカの地上絵ではありませんが、上のようなエジプト時代の壷の絵といい、人は実際には何らかの形で飛んでいたのではないかと思うことがあります。

 たまたま、引力という地球の意識にひきつけられて、歩くことや地面に接することばかりに目を奪われていって、それで発達して伸びてきたのが今の文明なのかもしれませんが、しかし、それだけでは、やはり人はなかなか自由な精神を持つことが出来ずに、また大きくて広い目も育つことはありませんでした。

 一部の想像の世界やアニメーションの中では、しばしば人が飛ぶことを認めていますが、まだまだ現実の世界ではそれを求めていく人は少ないようです。

 天使は、単に象徴のものでは、何時までたっても、そのメッセージをはっきりと把握していくことは出来ないのかもしれません。飛ぶ存在や、飛ぶ意識、飛ぶための思考をよく学んでいかなくては、それらの貴重なインスピレーションを受け取ることは出来ないと思います。

 小さな飛躍から何かが生まれる時代です。地に足をつけることで大切なことは沢山ありますが、飛ぶことの重要性はそれ以上なのかもしれません。

 雨が降ったあとに、小さな水溜りを飛び越えてみて下さい。自転車に乗っていて、ETの映画のように何処に飛び上がろうとしてもよいかもしれません。

 目に見えない、力がほんの数ミリでも飛び上がらせることを経験すると、飛ぶことの喜びや実感が身近なものになってくると思います。

 ヨガの姿勢でも、足裏を上に向けて瞑想することはとても飛ぶことにとって、とても重要なことだと思います。

 引力に逆らうことではなく、意識の強さが一定の方向性に向かうとき、心がとても自由になった感覚に包まれますが、このときはもう飛ぶための準備は出来ているのだと思います。

 
 飛ぶことを忘れたり、信じることが出来ない人は、これからの時代の天使のメッセージを受け取ることは出来ないだろうと思います。

 日に日に天使からのメッセージは強まっています。一人でも飛躍をしていかなくては、次の新しい時代に生き残っていくことは出来ないでしょう。
[PR]
by fenice2 | 2008-07-16 00:29 | 天使

西日本の勉強会を終えました。

f0149554_2241396.jpg


 博多から始まって、広島、大阪、京都での勉強会が今回も無事に終えることが出来ました。参加されたかたは、お疲れさまでした。

 やはり何かを創造していくことは、僕自身にも色々勉強になることがありますので、改めて香料や調香についてもかんがえさせられることが多かったような気がします。

 考えてみると、どんな凄い技術でも、単に与えられるだけでは何の喜びも見出せなくなってしまうような気もします。以前、世界的な名画を買いあさったオーナーがいましたが、死ぬときには棺おけにいれて欲しいとか、と言ったようです。

 人間には、五感がありますが、文明が発達するうちに凄い勢いで退化していって、今では食からコミュニケーションにいたるまであらゆる分野でその弊害が出てきているような気がします。

 特に嗅覚は、大脳皮質に関係していることから、もっとも本能や欲望に影響しているといわれながら、結局は何処か蔑ろにしているような気がしてなりません。目は悪くなると矯正しますし、耳でさえ難聴などに対しても神経質ですが、嗅覚麻痺に対しては、何も不自由を感じない人が殆どです。

 嗅覚が衰えた自然の動物は、必ずと言って良いほど寿命は短くなるようです。餌を探すことが出来ず、敵を感じることが出来なかったなどがその理由かもしれません。

 香りをつくっていくことは、人が動物のように餌を探したりすることとは違いますが、自分のやりたいことや欲望が何処にあって、それをどうコントロールしていけば良いかを学ぶことがありますが、そのことは仕事や男女関係にも、とても有益なことがあるように思っています。

 気持ちや感情が高ぶっているだけでは、相手のことに盲目に接することもありますが、香りをつくることによって、自分がどう接していけばよいとか、相手が何を考えているか(イメージしているか)を理解することが出来ます。

 情報や、知識も大切です。しかし、五感の中でも嗅覚からイメージする世界観は時として大きな予測をとらえることが出来るようです。

 ちなみに、今回何人かのかたと、大阪の橋本府知事のついての香りをイメージして、将来の予測をしましたが、皆さんほぼ同じようなものになったのは興味深かったです。

 僕が思うに、大阪人というのはどん底から這い上がっていくような気質があって、そういう部分では彼には期待しているのかもしれませんが、彼自身は女性のような繊細さとヒステリックさがあるので、そのどん底という認識が少しでもずれると、最期は放り投げてしまうのではないかと予測しています。

 勿論、将来は何も決まっていることはないと思いますが、今の時点で周りがどういう動きをするのかをみていくことは、とても大切なことではないかと思います。

 我々は、実は漠然としたイメージでは、将来のヒントや予測のかけらみたいなものを多く抱いています。占星術や予測も実は、創造性の中の一部分に過ぎないと思っています。

 創造は、まさに想像することから始まります。しかし、人は弱い生き物ですからどうしても、強い執着や欲望に想像が振り回されることも多いと思います。

 上の絵は、神の天地創造ですが、我々の心もまさに常に創造していかなくては、知らないうちに乱され破壊されています。本当の意味の創造性をみにつけた人は、技術や経験もほんのわずかなもので十分なのかもしれません。

 技術だけが、全てではありません。創造性こそが尊いように思います。





 
[PR]
by fenice2 | 2008-07-12 23:14

香りの性悪説ー冥界の青い悪魔ヘテカー

f0149554_091566.jpg


 香りというのものが、もっと力があって畏敬の気持ちで接していた次代と違って、現代はまるで、人の要望や好みに合わせて小さくされている召使のような存在になっています。

 香りを、玩具のように扱う人達が悪いのではないと思いますが、そういう香りしかつくることが出来なかった大手の香料会社にも大きな責任はあると思います。

 ほんの30年ぐらい前までは、香りはとても貴重なもので、それが香水であろうと、アロマティックなものであろうと、とても深い香りの手の込んだ調香をされたものも幾つかありました。

 香りが力を失ってしまったのか、それとも、心や気持ちを伝える場所が少なくなってしまったために、力のある香りをつかう必要がなくなったのかは、解りませんが、少なくとも香りが、精神や心と深い意味で結びついたものは、少なからず強い影響力を持つようになります。

 現代でも、良い香料や香木はそれなりの対価を惜しむことがなければ手に入れることが出来ますが、それを自分の生活や気持ちにあうように、つかいこなせなければ、自分の内面に深く意識ずけることは出来ないと思います。

 香りの好き嫌いがその人の感情の幅を決めるといいますが、好きな香りの幅は狭くなって、嫌いな香りばかりが多くなってしまうと、何時しか神経質で気難しい人間と周りから評価されることも多くなると思います。

 自分が、或る香りに対して嫌いになったり避けてしまう理由は実は、現代ではそれほど深い意味のものは少なく、僕自身つくる立場で接していても、ほんの些細なことで好きになっていく現状をみていますから、そういう歪んだ感情が出来てくる環境に問題があるのではないと考えさせられてしまうことも多いです。

 即ち、現代社会では香りに対する知識や認識も薄いために、知らず知らずのうちに間違った香りのアイデンティティーや好悪の感情を身につけてしまっている人も多いような気がします。

 故郷を離れ、四季からも見放された食生活をするうちに、次第に自由であっても、あまり根拠のないアイデンティティをつくってしまうのかもしれませんが、そのことが自分の感情を大きく支配させるものまでになってくると、とても強い孤独感や虚無感を導くこともあるようです。

 上の絵は悪魔のヘテカーですが、冥界の女神ともいわれていますが、妖術を使い人を魔の世界に誘い込むようです。香りの歪んだ好みに陥ってしまうのも、こういう悪魔のような存在があるのかもしれません。

 香りを軽く扱い、あまりにいい加減に接していると、やはり大きなしっぺ返しに見舞われることがあるようです。香りそのものに、善も悪もないのですが、それを悪く陥れてしまうのもやはり人間なのかもしれません。
[PR]
by fenice2 | 2008-07-06 01:56 | 調香・錬金術