<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

美しい世界ー本当の運命の出会い

f0149554_23392412.jpg


 急に寒くなってきましたが、まるで世の中の人の心を表すような、暑いか寒いかの天気になっています。不安定、異常なことそんな言葉が、毎日何処かで浮かんでは消えていくようです。

 香りに関わらず、私たちは時々美しい世界に憧れて、時には没頭していってしまいます。

 人によっては、それは現実逃避であるし、劇や映画を見ても単なる物語に過ぎないという人もいると思います。

 しかし、優れた物語は本当に人が、作り出したものだろうかと思うことが、僕自身時々あります。香りをつくるときも、そのあたりの路地に座って簡単に作り出せるものではありません。

 誰がみても美しい世界には、何か人生や魂の秘密が見出せるような気がします。逆を言えば、現実は、醜く冷酷な面を多く持っていて、何が本当なのか解らなくしてしまう世界なのかもしれません。

 美しい世界には、必ず一つの長いストーリーが現われてきます。ストーリーがあるから美しい世界が出来上がってくるのではないような気がします。ストーリーはあくまで、その世界から生まれてきた、副残物のようなものです。

 美しい世界の中では、今まで現実では見えにくかった人間関係や自分の心が見えてきます。心理学や哲学的な形而上学もいってみれば、ストーリーをあれこれ詮索しているだけで、美しい世界を表現しているわけではありません。

 心は、そういうあざとい人が作り出した器用な道具だけは見えてこないのではないかと思います。秘密というのは、繊細に何かを炙り出すようにして出てくるものです。

 僕自身でも、運命的に思っている人にもよく見失いかけます。そんなときは現実の世界の色々な面に負けていって、美しい世界観から遠ざかっているときではないかと思います。

 しかし、再び音楽でも、絵画でも美しい世界に接するとその運命の流れが見えてきます。しかし、それは、何処か妄想的で、現実的には誰にでも披露して、とても胸をはれる内容のものではありません。

 とても繊細で壊れやすく、現実的な価値観は何も見出せないようなものでも、僕の魂や心にとっては、とても大切なもので、とても貴重なつながりです。

 しかし、そんなことが長い人生の中では10年も20年もずっと同じような輝きを持って存在しています。永遠とはいわないけど、少なくとも人が一生生きていくには、最期まで輝き続ける存在になっていると思います。

 誰にも本当は、心の奥底にそういう思える人がいて、そういう人を意識しているはずです。そのことを否定したり、苦しくなって忘れたくなりそうになったら、とても道徳的で常識的な判断かも知れないけど、心は細く弱っていって、最期は身を滅ぼしてしまうかもしれません。

 そんなときは、すぐにでも天使が住む美しい世界に避難しましょう。感動したり、涙が止まらなくなる体験をしなければなりません。

 この世は、二つの現実があります。一つは目に見える世界と、もう一つは目に見えない心の世界です。どちらが欠けても、実は現実的ではありません。

 心の世界の方が、何時も弱く疎かかされがちですが、美しい世界を忘れなければ、何時でもそれは戻ってきます。
[PR]
by fenice2 | 2008-09-28 01:26 | 愛 愛情

香りを通じてー一人一人が失った世界

f0149554_2251287.jpg


 やっと体調も戻ってきたので、心が想像力で漲っているような感じがします。人は、こうやってたまには病気をして、そこから立ち上がってくるほうが、本来の生命力や生きている喜びを感じることが出来るようになるかもしれません。

 世の中の社会の不景気など、負の流れには申し訳ないのですが、時代の方向性は僕にとってはとっても生き易い方向に流れているような気がしています。これで、やっとアメリカからの呪縛を逃れて、日本本来の文化や社会構造を取り戻して欲しいと思っています。

 前回でも書きましたが、この頃の時代はとても汲みやすき方向に流れていきました。手を伸ばせば、掴むことが出来る人生や運命にどうして人は一生懸命になることが出来るでしょうか。

 自分らしい生き方や、自分の脈々と流れた魂の流れの中には、どうしてもこうでなくてはならないというものがあって、それを現実の社会の中で見つけるまでは、諦めてはならないのだと思います。

 トロイの木馬ではないですが、心で人は感じたり受け止めたものが単なる空想ではなく、必ず現実の中に存在しています。

 確かに現実は辛く、またとても冷酷な一面を多く持っています。それらは、人の心のから作り出されたものというよりは、現実から作られてしまった現実です。

 最初に心を開いた人は、世の中の悲惨で負の部分の感情が流れ込んでくるかもしれません。それで、心が苦しくなって、何時しか心を閉じるようになるかもしれませんが、それは今地球上に起こっている沢山の人の苦しみや悲しみの声に、耳をふさぐことに似ています。

 僕も、常に自分の心を開くことを目指していますが、それでも辛くなると時々その前にフィルターのようなものを置きますが、これがよく目詰まりをして一気に取り除こうとすると、今まで怠けた分の負の部分が流れ込んできます。

 しかし、人の社会からは、マイナスの気の流れが多いのですが、遠くの空からはとても強いプラスの流れが心に入り込んできます。

 人と人が組み合っても、何時も良いことが起きるとは限りませんが、人と人との間に僅かな隙間があらわれると、そこに遠くからの意識や、過去からの貴重な流れが入り込んでくることもあります。

 神を感じるほど、貴重な体験でなくてもお互いに思いやりをもち、心から愛情を持てばそこに奇跡のような出来事が起きることは、多分にあります。

 人が人を変えることはなかなか出来なくても、そういった流れを呼び込むことで、お互いに影響しあうことはあります。

 人と人の間に結果ばかりを求めることはよくありません。人と社会の関係もしかりです。そういう中で始めて見えてくる自分があるではないでしょうか。
[PR]
by fenice2 | 2008-09-23 01:12 | 愛 愛情

今回の勉強会を終えてー我々に流れているもの

f0149554_025026.jpg


 小規模ながら、無事に今回も勉強会を終えることが出来ました。ご参加された方は大変お疲れ様でした。それにしても、これだけ香りをつくることを通じて、考えさせられたことはない勉強会でした。

 僕自身、この仕事をする前にどうしてもつくらなくてはならない香りは、自分にとってのルーツの香り、偶々父方が奈良の方でもあったので、名前も斑鳩として、その姿、形を目指していました。

 途中、NYに行ったことが自分の香りのルーツについてさらに深く掘り下げることになりましたが、それにしても日本人でありながら、和の香りや日本らしい香りについて創造できないことは、悲しいながらそれが現実の姿であることには違いありません。

 我々は、特にアメリカを通じて、モノによって時々は安易な思想や考えによって、自分の中に流れているものに逆らって何でも変化していくことが出来ました。

 日本人は、元々異文化の集まりであって、色々なものの寄せ集めのような言い方をする人がいますが、それがまさに香りに象徴されているような気もします。

 和の香りや、お香こそが日本人にとってなくてはならない香りだと漠然と理解しているものはありますが、それが自然に受け入れることが出来るほど今の生活や文明は、過去からの心や気持ちに沿ったものではないような気がします。

 フランスの調香師が、日本の女性や文化そのものに深い香りを見出したように、日本人の香りの流れや文化には、香水文化の短い歴史だけでは表現しきれないものがあるように感じています。

 今回も、かなり熱心に勉強をされている方を中心に、和の香りをつくって頂きましたが、正直言ってしっかり表現できるかたは誰もいませんでした。

 京都や奈良を単にイメージして、香りを作ろうとしてもどうも大概がうまくいっていないような気がします。海外の香水メーカーが、古都というイメージで香りを創造しましたが、今ひとつ香りのファンにとっても、上手くいかなったことをみてもわかります。

 2千年の年月を、独立した地域としてものとして守り、色々な文化が伝わってきても、国土の中にうまく取り入れていくことが出来た背景には、日本独特のレベルの高い精神性があって、それが、人や言葉をつくり、文化や独特の社会をつくってきたような気がしています。

 つまり、日本にとって流れているものと比べれば、アメリカや西洋なども歴史も浅く、とても汲みやすいものがあったような気がします。

 日本人は、日本人になることは難しいのですが、アメリカ人になることやフランス人になることはそれほど難しいことではなく、特に戦後はそういった価値観をカメレオンのように受け入れることがよいこととされてきて、今に至っているのではないかと、香りの流れをみていると考えさせられたりします。

 日本人が複雑というよりは、日本の自然の中にあった花々の香りが、そういった繊細で複雑な情緒や情感を育てていったような気がします。中国にも日本に似た花々はありますが、同じような菊でも、やはり日本のような深い香りのものは少ないのではないかと思います。

 ペルシアにも、深い香り文化や知識がありましたが、それも日本は古くから取り入れていますし、正倉院などにはそういう時代の香木などが多く今でも保管されています。

 日本人に似合った香りは、白檀、伽羅、金木犀など色々ありますが、歴史や時代を超えて、そういう単純にこの香りをだけを象徴していれば良いというものでjはないような気もします。

 日本に蔓延る経済は、それを押し付けたアメリカで根本的な構造が壊れかけているような気がします。戦争があって、ツマラナイお金儲けに貴重な一生を翻弄されているうちに、多くの日本人が、自分自身に流れている使命もアイデンティティーも忘れていきました。

 本当の意味で、自分がやらなくてならない仕事や生きかた、そういう人間関係を見出すには、自分の中に脈々と流れている、そういった過去からの流れをしっかり感じ取っていかなくてはなりません。

 粉々になって、割れてしまったようにみえるこの貴重な流れも、忍耐強く創造していけば、なんとかそれに近づいたものは見えてくるような気がします。

 やっと、”蝶人の会"の目指す場所や方向性みたいなものが見えてきたように思っています。

 ダイアナ妃や、ダライラマ猊下(げいか)などの方の香りを創造していくうちに、何故か僕が目指していた和の香りに近いものがあるような気がしていました。

 
[PR]
by fenice2 | 2008-09-22 01:13

西日本の勉強会のお知らせ

f0149554_0463362.jpg


 夏バテからか、久しぶりに蕁麻疹に付き合わされていてなかなか大変な思いをしています。まして目や手などもっとも香りをつくるのに神経を使っている部分が腫れてしまって、やっとよくなってきたのですが、気づかないうちに僕も疲れた部分があるのかなと思ったりしています。

 それはともかく、最近勉強会でもなかなか満足のいくレベルの方が増えてきてとても嬉しい思いをしています。以前でも書いたとおり、香りをつくることはその方の内面や精神性とも深く関わっているせいもあって、本当にあるレベルまで出来た時は、僕自身も何時間もその余情が伝わって何もいえない状態が続いてしまいます。

 こういう勉強会を通じて、僕は最初は果たして幾人の人が、仕事として出来るだろうかと漠然とした気持ちで始めましたが、1年近くになって、僕自身も心を打つような香りをつくる人が現われるようになって、予想以上の結果に大変満足しています。

 単なる調香という技術だけでなく、心や気持ち、目に見えにくいイメージなどを相手に香りをつくっていったことは、殆どの方が手探り状態でしたが、それなりの場所にたどり着いてみると、本当に色々なことが思い出されて、難しいかっただろうと思うと共に、何故ここまでやってこれたのかと考えてしまうこともしばしばです。

 以前は、香りの講座を少しでも多くの方に触れて欲しいという気持ちが強かったのですが、今はこういう優れた香りのつくりてが出てこれば、今後は、このレベルを維持することで動いていかなくてはならないことも多く、新しく勉強を目指される方の指導は少し遠ざかっていくような気がしています。

 香りが、カウンセリングなどにも応用できるのは僕自身も色々経験してきましたが、やはり心を打つものをつくることが出来るというのが、最終的な目標であって、それがなければここまで深く長く目指すことはないのではないかと思っています。


 来週火曜から木曜にかけて、博多、広島を中心をして好例の勉強会を行います。予定は殆ど埋まっているのですが、時間の都合によってはお会いできることもありますので、ご希望の方は一度下記までご連絡下さい。


 co-dai@trad.ocn.ne.jp
[PR]
by fenice2 | 2008-09-14 01:16

心の中のメッセージー出会うべき人

f0149554_238441.jpg


 余りにも豪雨が続くので、先日或る夜中に人通りも少なくなった時間を選んで、傘を投げ出して、その中に立ってみました。

 この天からの気まぐれは、何か人の心に嘆きを訴えているのか、人の心を戒めているのか、それらが少しも解らないでいましたが、意外なほど雨は重たく、服の上から突き刺さってくる感じもしました。

 小さな箱に入って、多くの人が怯えて夜を過ごしている中で、一人だけ奇行をしているのは我ながら滑稽でしたが、意外なほどその雨は一粒一粒が温かく、自分の心の中に一気に流れてきました。

 僕も自分では、よくわかっていなかったのですが、何処か最近とても乾いていて、何に対してもドライで、諦めかけていることが多かったように思います。

 僕がやらなくてはならないことと、出会っていかなくてはならない人は、何時も心の中にはっきりとしたイメージがありますが、それが何時の間にか妥協の産物になっていって、やがては程よく現実と理想の中で、溶けてあって見えなくなっていたようです。

 今、自分のやろうとしていることがかなり近づいてきているような気がしていますが、その反対に会わなくてはならない人に関しては、以前のようなドキドキ感みたいなものはなくなっていたようです。

 著名人の方も含めて、僕は特にある一人の方とは会わなくてはならない気がするのですが、それがここ20年の間で何度もニアミスを繰り返しながらとうとう月日だけが、悪戯に長く経ってしまいました。

 運命の出会いなどと言葉は簡単ですが、実際にそれを実現していくことはとても難しいものがあります。10年思うことが出来れば、本物だと言う人もいますが、本来人間関係のスパンというのはそれぐらいのものが一単位ではないかなと最近になってよくおもいます。

 勿論、あっけなく運命の人と出会ってそのまま幸せに過ごす人もいるかもしれません。しかし、そんな方はやはり稀なのかもしれません。

 人を愛していくことは、年齢や時間と共に、その思い方や深さに変化が出てきます。20代の頃はやはり肉体を中心とした刹那的な愛情が大部分を占めているように思いますし、60代の方ではもっと精神的な部分も強くなってくるように思います。

 欲や執着が強かった時代では、その反対に純粋な愛情も強く求められていたような気がします。その欲や執着を極端に嫌うようになった、最近の時代の流れみたいなものを見ていても、果たしてそれだからといって、愛情や愛というのも、どれだけ強く叫ばれているだろうかと考えてしまいます。

 愛する気持ちが強いあまりに、それがちょっとしたタイミングで変質して、危険な感情に変わってしまうことがありますが、現代はそのことにあまりにも神経質になるあまり、肝心の愛する力さえも失ってしまったのではないかと思います。

 色々な意味で、現代は愛する力や背景を無意味な方向に押し流されているような気もします。

 集中豪雨は、異常な現象ですが、人が人を愛することも、とても異常な行動ではないかと思います。砂漠の中にもオアシスはありますし、何もしなくとも食べ物がある地域もあれば、狩をして、家を建てなければ生きていけない場所が地球にもあります。

 僕の中でも、美的感覚と愛情の強さは、よく衝突をします。美しい香りに仕上げたい気持ちが十分にあるのに、その方にそれが合わないと思うと、捨てなくてはならないと思うときがそうなのかもしれません。

 街も近代化されて、ともかく見た目は冷たく美しさがあります。黒川氏も同郷の人ですが、あの方の目と建築物の冷ややかさがどうしても好きになれませんでした。

 愛することは、非打算的で無秩序で、時には傲慢で美しくないのですが、何処かで永遠性を感じさせたり、無制限のエネルギーを感じたりすることがあります。

 見返りを求めない愛、無償の愛、こういう愛情も愛の中では存在します。それらを長く維持することは出来ませんが、それらの気持ちに近づくことは出来ます。

 より多くの人を愛するよりも、一人の人を何処まで深く愛することが出来るかが大切な時代ではないかと思っています。混乱している時代だからこそ、深い愛に満たされることが大切です。

 
 
[PR]
by fenice2 | 2008-09-05 00:39 | シャーマン