<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

愛されないことの寂しさと愛せないことの切なさ

 
f0149554_0565831.jpg
 祇園の夜は、ひっそりして時々隠れたように、男女が寄り添っています。場所が、場所だけにあまり目をこらして見る人もいませんが、花街にとっては、それがあたかも風物の一つであるように感じます。

 何百年前の男女も、この祇園で同じように夜の白川沿いを歩いて、心のうちを打ち明けたのかもしれませんが、時々そういう陰翳をあちこちに感じたりします。僕自身は、それほど恋や純愛に身を染めてきた人間とは思っていませんが、そういう場所や雰囲気は好きだったので、やはり普通の人よりは、色恋沙汰は多かったように思っています。

 しかし、恋と愛とは似ているようにかなり違いますが、僕は元々恋よりも愛という言葉に惹かれてきた人間ではないかなと思っています。恋は、夢中になったり気持ちが高ぶったりしますが、あまり安定感がありません。

 逆に愛情は、その感情の裾野があまりにも広いので、最初は単に身内に対する漠然とした思いにしかとらえることが出来ませんが、時間的な長さを考えると恋という感情とは比べ物にならないぐらいの重さを人生に残します。

 しかし、人というのは勘違いするもので、特に男女は感情の行き違いが多いのだと思います。恋という土台に愛情を載せていくのは、なかなか難しいもので、逆に愛情に幾ら恋をかぶせてみてもうまくいくものではないと思います。

 恋というのは、やはり火花や一瞬のときめきのようなもので、その時間の短さに美と生命がありますから、言い換えれば、出来るだけ短い付き合いのものほど、その出会いに意味や価値があるものなのかもしれません。

 逆に愛情は、深さや広さがありますが、なんと言ってもその時間にあるような気がします。そういう意味では、恋する人と愛することが出来る人というのは似ているようでやはり違っているのかもしれません。

 結局、恋した人は別にいて、長く愛した人は身近にいたと言いますが、それもあっているようで納得できないところもあるような気がします。特に男女においては、恋することが出来ない人を愛していくことは難しいようなです。

 また、それ以上に今度は精神的な繋がりや肉体的な繋がりも加わってくると、なかなか簡単には解けない、複雑な方程式が出来上がってきます。恋しているけど、愛せない。一緒にいると安心するけど、離れると少し嫌になってくるなど、なかなか複雑です。

 少し近くのバーで飲んでいて、書くとろくなことを書こうとはしないようです。しかし、はっきりいえるのは、男女は紐の綾のように絡み合っていって、それで最期はそれぞれの向かうべきところに進んでいくのではないかと思っています。

 絡み合うことで、愛することが出来る人とそうでない人には、大きく分かれるでしょう。愛せなかった人とは、その後二度と近づくことはないかもしれません。逆に、愛した人は、絡み合いながら暫くは長く生きていくことが出来ます。

 しかし、それぞれが何かもっと大きな愛情や深い愛情に向かっていくのも事実だと思います。また、そういう愛情を見出していかなければ、今の愛情も続くものではないかもしれません。(自分の育てている花だけを愛して、他の花を愛せないことはないことと似ています。)

 愛することは、男女をこえて何か大きなものに繋がっていくことなのかもしれません。そういう意味では、より深く愛することが出来る人を探すことは罪ではないのだと思います。もしかしたら、それは、人に示された使命なのかもしれません。

 偶然に分け入った深い森に、今手元で育てている花よりもより美しく、心を魅せられる花を見つけたとしても、根本的な愛があれば、どちらもおろそかにせずに見守ることが出来ます。しかし、単に収集家の欲望や価値観のみの判断しかなければ、どちらかが犠牲になり、また関心も失ってしまいます。

 今、時代は強い愛情を求めて動いています。愛が残酷のように見えるのは、より深い愛情にむかっていくこで、そういう意味では、時に家族や小さな繋がりも破壊されてしまうこともあるかもしれません。

 愛することは、とどまることを知りません。本当に愛そうと思えば、やはり半分の魂の存在にむかって進んでいくしかないのだと思います。手元の花が美しく咲き、森でさらに美しい花々を見つけても、まだより心が動かされる花を見つけていくのが、愛です。
[PR]
by fenice2 | 2009-06-22 00:59 | 愛 愛情

蒼い嵐山ー深い自然のありか

f0149554_2235165.jpg


 嵐山は、桂川を跨いでいますが、本当に観光客が訪れる場所はわずかな場所で、実は少し離れたところに深い自然があります。以前、歩くしかいけなかった場所を自転車でぐるぐる回ると、驚くような濃い自然が目に飛びこんできます。

 そういう意味でもたいていの人は、作られた京都をみているわけで、本当の京都というのは、いかにこれだけ深い自然を残しながら街として生き残ってきたところが価値があるのではないかなと思ったりします。

 確かに、僕の住まいの傍の河原町四条や祇園などは、とてもすごい人でごったがえしていますが、夜中になりひっそりしてくると、山からの風や川の匂いがしてくるので、朝起きると他のそれなりの都市で寝た睡眠とは比べ物にならないくらい深くなっているようです。

 古いものがあるということが確かに価値があるかもしれませんが、住んでいる人からみれば、それほど毎日二条城や清水寺があり難いと思うことはありませんが、鴨川や桂川、嵐山の自然は近くにあれば、あるほどあり難いと思われている人が多いようです。

 以前、金沢にオフィスを持ったことがありますが、さすがに小京都と呼ばれるだけあって、市内を流れる犀川があまりにきれいで驚きましたが、東京や大阪などの都市に住んだものなら、都市であるのにその中心をきれいな川が流れているというのは、かなりの感動ではないかと思います。

 最近、横浜までは仕事で行きますが、みなとみらいの近代的な都市デザインはきれいですが、川はほとんどが汚れているので、とても残念に思ったりします。

 それで横浜の人も目を向けているのは葉山のほうとか湘南のほうですが、そこでとてもリラックスされたカフェなどがよく紹介されていますが、京都とはまた対照的ですが、なるほど、海や空という都会に近い自然の中の価値なのかなと思ったりしています。

 エコという世の中の風潮は、希薄でよくわからない方向で動いているような気がしていますが、自然をできるだけ身近に感じることは、とても大切なものではないかとつくづく思っています。東京だって本気になってやれば、もっと多くの森をつくったりできますが、当の森ビルのオーナー自身が古い体質の都市開発のイメージしかないので、まだまだ先のことだと思います。

 大都市でなくとも、本当の美しい自然を身近に感じることが出来る街は今後は間違いなく発展してくると思います。精神や心の問題が起こるにしたがって、やはり自然は単に娯楽のための一時的なものではないことがわかってくると思います。

 自然の摂理を疎かにした都市は、人の心をゆがめて妄想や理解不可能な夢を育てたりします。ケシの花やコカインの原料のコカの花など元々は、自然の中でわずかな範囲にしか生息しなかった花たちです。それが今では、悪魔の花や麻薬の花などといわれていて、なんだか花が気の毒な気がします。

 ポジティブという言葉そのものが、自然を破壊したとミッテランの顧問をしていた人が揶揄していましたが、都市は、ほんとに今まで破壊をすることで利益をあげてきましたが、それもそろそろ終わりに近づいていくのかもしれません。

 本当に好きになる人も、そんなに大騒ぎするようなものではないと思います。もっと当たり前のことが繋がってわかってくることがあると思います。

 心の世界は、そういう意味では自然そのものだと思います。本当に出会う人、本当に付き合っていかなくてはならない人は、ずっと前から心の世界では、描かれています。私たちは、それをゆっくり思い出すだけでよいと思います。

 
 
[PR]
by fenice2 | 2009-06-14 23:52 | 愛 愛情

半分の魂が出会うには、それを遠ざけている呪文を解く鍵が必要です

f0149554_804544.jpg


八坂神社の円山公園の緑があまりにも、美しいのでおもわず写真を撮っていました。やはり今年の新緑の力はとてもエネルギッシュなものがあります。次は嵐山の渡月橋と月を撮ってみたいと思っています。

 今日、或る方の香りの勉強を通じて人と人の繋がりをテーマに香りをつくっていたのですが、それでふと僕自身の中に疑問に思っていたことがわかってきたような気がしていました。

 以前にも書きましたが、半分の魂はもう一方の半分の魂とまるで磁石のように惹かれあう関係なのですが、現実にはその二人が出会っても、恋人のように、もしくは古くからの友人のようにならないことが、今までは多かったような気がします。

 僕自身の経験でも、かなり近づいたように思えても、何かのきっかけで離れ離れになってしまい、小説などでもあるように、お互いがそういう関係だとわかっていても、なかなか簡単には近づくことが出来ない壁みたいなものを感じざる得ないことがありました。

 そういうことは、心の世界と現実は違うんだとか、理想と現実のギャップみたいな結論で今までは、終えていたのですが、世の中がこれだけ変わってくると果たして、今までそうやって諦めていたことが、なんだか本当はもっと違った意味があったのではないかと感じるようになっていました。

 現実に巡り会う人、例えば恋人とか夫婦でもよいのですが、そこに愛情を感じ、それなりの落ち着いた人間関係が出来てこれば、そういった究極の心の問題などは、殆どの人がどうでもよいと思ってしまうのかもしれません。

 また、仮に半分の魂だろうと思えるほどの人と出会ったとしても、それまでの出来上がった人間関係はどうなってしまうんだろうか、などということを自分のことながら色々考えたことがあります。

 しかし、この仕事を通じて色々な方の内面や自分自身の心の中を真っ直ぐみてくると、やはりそういう存在は人は元々求めていかなくてはならない使命があるのではないかと思ってみたりしています。

 自分の掛けた愛情が、何も傷つくことなくそっくりそのまま返すことが出来る相手が、半分の魂と呼べる人なのかもしれませんが、愛情は与えるばかりでもよくないですし、貰うばかりでも、心が枯渇してきます。

 また、半分の魂の関係は、心の世界では生まれながらにして繋がっていますから、仮に現実で出会うことなくとも、そういう相手がいることを信じることが出来ますから、そういう意味では現実の世界の中での信頼や愛情とはまた、少し違った特殊な関係なのかもしれません。

 自分の心に突然呼びかける存在であったり、逆になんとなく嬉しい気持ちになったり、落ち込んだような気持ちになるのも、その何処にいるかわからない半分の魂の影響なのかもしれません。

 現実的に大切な存在、親であるとか兄弟であるとかそういう関係がある一方で、心の世界の中で大切な存在も一人一人の人にあるのだと思いますが、僕はその境界線みたいな部分にどうも、魂に刷り込まれた呪文のような何かがあるような気がしています。

 前世という、未だ現実の世界では未確定の記憶も、心の世界や感覚の世界ではとうの昔に認めていましたが、それならばどうして一時的とはいえ記憶が消えてしまうということが起こってしまうのか、僕にとっては謎でした。

 どの宗教も、転生によって魂が磨かれて、昇華されてくると言いながら、その具体的なことについてはあまり言及をしてきませんでしたが、僕はその秘密を解く鍵として、この半分の魂が現実になかなか出会うことが出来ないことにヒントがあるのだと思っています。

 退行催眠というものがありますが、香りを調香していくときも、注意深く過去の記憶を下っていくと、何処かの時点で過去の記憶(前世の記憶)を抹消し、半分の魂にあわせないための呪文のようなものが、魂に刷り込まれているのではないかと感じさせることがあります。

 香りは、記憶と結びついていますが、突然何もかもリセットされてしまうポイント(前世との境界線)があって、そこで今までの好みや嗜好が大きくかわってしまうのではないかと思っています。それによって、本当に心から愛していた人や好きだった人は一気に遠ざかることになって、再び新しい生命を迎えます。

 真新しい遺伝子を持って、全くゼロからの感性や感覚でスタートしていきますが、無邪気に出会う人それぞれに好悪をもっていきますが、やがては思春期あたりで、実は自分の愛すべき人はずっと前からわかっていた(決まっていたのではないかと)と感じる人も出てきます。

 早くそのことに気付いた人、(前世の記憶を思い出した人)ほど現在の自分の感性や感覚とのギャップを感じて苦しむことになります。太宰治なども、こういうような複雑な心境を何度か書いているような気がします。

 しかし、時代は変わり今はどんどん過去に退行できる人が増えてきたような気がします。そういう意味では、今の10代の人たちは、もっとスムーズに魂の変遷を受け入れることが出来ているのかもしれません。

 むしろ大人のほうが、そういった呪文を解いていかなくてはならない立場にあるのではと思います。もっと成熟した愛情を求める人達がもっと増えていく社会や世の中になっていけば、かりそめの愛やうわべだけの愛情の繋がりは、脆くも消えていってしまいます。

 
[PR]
by fenice2 | 2009-06-10 08:08 | 愛 愛情

新しい感覚が芽生えています。新世界がきっと生まれます。

f0149554_23511633.jpg


 ここ数ヶ月、自分の中にも全く今までと違う感覚が芽生えてきているのがわかります。星の動きの中でもっとも気になるのは、太陽の黒点の現象ですが、温暖化と言われながら、このまま太陽の活動が劣ってくると、実は植物にとっては、もっともよい環境になっていくのではないかとも思ったりします。

 香りをつくっていても、指先までも感覚がかつてなく行き渡っているのが、わかります。感覚が鋭くなっているのとは違っていますが、明らかに今まで感じれなかった部分にも感じてしまって、戸惑ってさえいます。

 感性は、そういう感覚の集大成ですが、その感性もここまで感覚に変化がくると、少しずつ修正していかなくてはなりません。僕のような感覚の仕事だけでなくても、普通の人でも生活していてなんだかオカシナ感じがしてくるときが多くなっているのではないでしょうか。

 この感覚の感じは、まるで地面全体が地すべりをして、何処か全く違う場所に大陸そのものが動いていってしまうのではないかと思ったりして、最近ふと妙な不安感に襲われたりします。

 京都にいる間は、まだそういう感覚の動きがよくわかるのですが、少し外れると今までの香りが急に違ったように感じられることがあって、積み重ねてきたものがあっというまに崩れていく思いさえしました。

 こういう時代は、殆どの人が自分の中の信念や心の軸みたいなものを見失う時期だと思います。また、今まで付き合っていた人とも別れ、人間関係や繋がりにも大きな変化が起こるだろうと思っています。

 絶望や、悲しみが起こりますが、本当のものを目指すならそれも一時的なものだと思います。

 次の時代は、もっと今までの世界よりも感覚が似たものが集まるような気がしています。感覚だけでなく、生き方やその方向性までも共有したり、共感できたりするかもしれません。

 金融危機や思いがけない不幸なども、次々に起こる昨今ですが、明らかに人の感覚という根本の部分から変化が起こっていることは、新しい世界が生まれてきつつあることは間違いないだろうと思っています。

 新しい世界に、ずっと前から準備していた人達は、実にすんなりその世界に入っていくことが出来ると思います。重い感情や、過去の保守的な感覚を多く持つ人たちは、なかなかその世界に入っていけないと思いますが、明らかに多くの部分でその世界に支配されてくるのは間違いないだろうと思っています。

 自分の好き嫌いだけでなくて、何にもっとも心を開いていくことが出来るかを思い描いてみて下さい。心が開く人が一人でも増えた分、今までにはない繋がりの世界が近づいていっているはずです。

 何処でも、かつてないグリーンパワーが山や森林に広がっています。これからは、今までの世界よりも、もっと心の繋がりが大切にされる世界ではないでしょうか。
[PR]
by fenice2 | 2009-06-09 00:39 | 愛 愛情

鳥の言葉 天使との交わり

f0149554_0545861.jpg


 犬や猫は、話している内容がわかりやすいという人もいますが、僕は鳥の言葉も慣れてくるととてもわかりやすいものだと思います。

 鳥の声や言葉は、常に空にむかって話しかけていますが、時々そこに本当に天使のような存在がいて、その不思議な存在と話しているのではないかと思ったりします。

 その天使がまた、なんとなく鳥に話しかけますが、それをよく聞いていますと、鳥は何のためにあれほど鳴いて、一日中歌っているのかわかります。

カラスでさえ、そのことをわかっていますし、空に話しかけることができない人間などは、およそその微妙なニュアンスがわからないだろうと思います。

 空には、自由があってそこにはもっと大きな世界へとつながっています。そんな単純なことも現代人はなんの意味があるのかわからなくなっています。

 鳥たちが、空にむかって話しかけているのだと思うと、なんとなく彼らとのコミュニケーションの仕方がわかってきます。いつもの甲高い雀は僕に、今日も空を忘れていないかいというようなことをいいます。

 低い空ではなくて、高い空のことだろうと聞くと、元気よくそうだと答えます。

 他の小鳥たちも大体関心があるのは、空のことです。空でなければ、時々風のことで何時間も話していることがあります。山の中でふと眠っていると、突然はっきりと何をいっているのかがわかることもあります。

 雀は、いつもと少しでも風のあたりが、額のあたりに違うと朝から大騒ぎをして他の仲間と話しあいます。

 ツバメは、いつも翼で風を感じていますが、雲に関してはどの鳥よりも詳しく観察しています。ツバメが低く飛ぶときは雨がふるといいますが、それは虫が下に集まってしまうこととも関係あるそうですが、ともかく翼に水滴がつくことで他のツバメと会話が始まります。

 鷲や鷹とはあまり話したことがありまぜんが、鷹匠のひとたちの話によると、遠くの台風までも予測するといいますから、もっと繊細なことを感じて大きな空の流れを予測できるのかもしれません。

 私たち人間もせめて自分の社会や未来ぐらいは、見ることが出来るようにならなくてはいけないです。北朝鮮は今、まるで方向性を失った矢のようですが、それをはたして本当に心からさげすむことが出来るでしょうか。

 空にむかって疑問を投げかけたり、悩みを打ち明けたりするうと不思議なぐらいやさしい答えがかえってきているような感じになることがあります。

 夢を忘れ、絶望に追い込まれそうになったら、星に話しかけてみてください。空よりももっと具体的で、自分のための夢や恋人のありかを教えてくれます。

 時には、情報や知識をわすれ、鳥と話すことでもっと大きな感覚を呼び戻すことが大切ですね。彼らは、われわれよりもずっと長く空にいて、空のことを知っています。

 ずっと永遠に続いているもの、そんなものがどこかで感じることができれば、知らないうちに心がエネルギーで満たされています。人は愛することを忘れていきていくことはできないです。



 
[PR]
by fenice2 | 2009-06-03 01:35 | 愛 愛情

賀茂川の時間と現代の時間

f0149554_18551970.jpg


 すぐ傍に自然があるということがこれほど有難いと思うことは、今までにもあまり無かったのですが、あまり朝からのんびりしすぎて、ついつい都市生活も出来ないほど戸惑ってしまいました。

 やらなければいけない仕事をいくつも忘れてしまって、気づくと何時間もぼうっとしていました。現代人は、お金と時間がびったりくっついているのですが、それさえ忘れてしまいそうになりました。

 自分のことをあまり書くのは好きではないのですが、若い頃から特殊な環境にいましたから、いわゆる帝王学のようなものは、叩き込まれてきました。成功する哲学ではないですが、今でも単なる株式の動きだけでなく、細かな経済の動きも下手な学者よりも把握していると思います。

 不思議なことに、周りはほとんどが父も含めて、大手の企業を立ち上げた人間が多かったのに、僕はそういうことにまったく関心がありませんでした。僕は昔から想像の世界が好きで、子供の頃は今ほど本を読むことはありませんでしたが、それでも一冊の本から受け取れるものは、人比べるとかなり沢山あったように思います。

 経済やお金儲けは確かに、無くては生きていけないでしょう。しかし、実際には食べていくことが出来るということとお金儲けをするということは、似ているようで違うような気もします。

 父が、事業をするたびに成功し、最期はどこかのホテルぐらい大きな家に住んでいましたが、それもその動きが面白かったのですが、お金儲けにはまったく関心がなかったのだと思います。

 僕が父の会社を継いで、最初にやったことは再建と清算でしたが今でもそのことはよい経験になったと思っています。実際にはその間でも、僕は立て直すためにかなりの事業を成功させたのですが、マイナスの流れの中でのことでもあって、単なるあだ花のようなものになっていったのかもしれません。

 また、僕はどちらかというと懇々とアイデアは出るほうなので、それが実際にお金儲けに繋がるかどうかはわかりませんが、どんどん盗まれて奪われてしまうこともよくありました。

 最近になって思うのですが、お金儲けといっても実際に資源を掘り出しているようなものとはちがい、そういう想像の世界の分野も関係していることはあるように思います。人を喜ばしたり、細かいところに気づくサービスなどもそうですが、単に儲かることばかりを考えている人では、まったく思いもつかないことが、仕事になっていたりします。

 僕自身もそうですが、現代人はあまりにも儲けという考えというか思想みたいなものにとりつかれているような気がします。京都も観光客が多いので、色々な場所で画策していますが、それがなんともさもしく思えてきます。

 僕も将来的には、大原とか丹波とかもっと京都の田舎に行きたいと思っていますが、とりあえずこのお金儲けのお化けとは、香りを通じて戦っていかなくてはならないのかなと思っています。

 お金儲けから出た、感情や感覚は、冷たく打算的で他者を思う気持ちが起こりません。同じお金儲けをしても、想像から出た仕事は、感謝され喜ばれたり、感動されたりして、お金以上に得るものもあります。

 他者を思いやることが出来ない人間になって、沢山の財産を築いても、何によろこにを見出せばよいのでしょうか。お金だけで手に入る、喜びや楽しみも確かにあります。しかし、小野ヨーコではないですが、それで満足できる世界は、人の幸福の世界のほんのわずかな部分でしかないようです。

 精神的な満足があって、初めて物質的な満足も受け止めることが出来ます。アフリカ人や未開の人を多分に不幸だという人がいますが、彼らは精神世界の中では、われわれ日本人よりもよっぽど幸福で豊かだと思います。

 僕は、香りを通じてそれなりに経験してきましたが、それさえあれば何もいらばいと思うほど、心をシンプルに出来て、自分を磨いてこれたのも事実だと思います。

 日本はどこにいっても、それなりの生活をしています。まだまだ問題はあるでしょうが、心の不幸さに比べれば、経済の復興などうでもよいのではと思っています。逆に豊かになればそんなのは気にならないくらいゆったりとした雰囲気になってきます。

 これ以上、お金儲けの思想を進めれば、世の中はますます病的になってきます。何が得で何が損だという考え方がおそろしいぐらい、人間関係にも影響していることを理解してくるべきだと思います。

 
 
[PR]
by fenice2 | 2009-06-01 20:13 | アロマ 香り