<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

嘆きの永観堂ー人の心と自然と

f0149554_2337494.jpg
f0149554_23375860.jpg


 京都は、今年は紅葉がもっと悪いと思っていたのですが、思ったよりもよくなっているようです。去年が良くなかった分、今年はそれを取り返そうとしているような気もします。

 最近、色々な意味で人間力の低下みたいなことが言われてきましたが、自然も同じように美しく感じられるところが少なくなりましたが、自然が破壊されてきたから人の心も閉ざしてしまったのかと思いましたが、その二つはどうもどちらが先がわからないように感じていました。

 僕は、子供のころから見た目は悪がきでしたが、本当に花が好きな少年でした。何が好きかといえば、多分視覚的な部分も少しはあったように思いましたが、自分では会話できたり、意思が通じるところだと思っていたようです。

 犬なども小動物も好きでしたが、植物はそれ以上にもっと自分自身を癒してくれて、根本的に自分のことをわかってくれる生き物だと思っていたように思います。小さな花に話しかけて、一生懸命に育てると、ある時に蕾をつけて見事な花を咲かせますが、その花がなぜか自分のために咲いてくれたような気が起こりました。

 そういう話は、多分大人になるまで誰にも話したことはありませんが、自分の感じた部分についてはいつまでも大事にしていこうと内心思っていたのかもしれません。この年になって、京都で自然に触れ合ううちにその頃の密かな喜びみたいなものをよく思い出します。

 この香りの仕事に就いてから、もう14年ぐらいになろうとしていますが、最初はおよそプロとは言えずほかの仕事をしながら何となくやっていただけです。まして調香という世界の中では、一体何を軸にしていけばよいのか、かなり試行錯誤しながら進んでいったように思います。

 最近では、香りをつくるという感覚ではなく、香りを育てるというつもりで触れているような気がしています。自分が育てた、自分が生み出した香りならば、なんとなく深い交流ができるように思っていますが、それが香りを依頼される方との深い意思疎通になっていくようです。

 植物と話しができることを公言する方もいますが、僕はそんなことはどうでもよいような気もします。それよりも、自分がどれだけその植物と自然と分かり合えたと感じることのほうが大切だと思うことも多いです。

 生き物には、必ず再生する能力があります。汚れたようにみえる空気の中でも、街路樹は根を張って人よりもはるかに長生きをしています。僕は、人が自然と身近な植物と触れ合わないから、自然が劣化しているのではないかと思っています。エコ運動や、浄化する社会構造も必要ですが、自然からそういった感覚をもてなくなるほうが、もっと自然にとっては良くないような気もします。一つ一つの木々にも心があり、魂があるのだと思います。

 僕がつくる香りは、僕のそういった子供の頃の記憶が元になっていますので、知らないうちに自然と人の心との架け橋になってくれたらと心のどこかで思っているのかもしれません。

 エコも良いですが、自分の身近な植物に愛情を注ぐのが大切なのではないでしょうか。それが大きな自然を生むことになるような気がしています。

 永観堂の紅葉の色は、人を感動せる匂いや色を持っていました。しかし、その背景にはその木々にかける人の思いもあったはずだと思えてなりませんでした。こんなに立派な木々を育てなくても良いですが、せめて簡単なことでは枯れない元気な木々がもっと増えてこなくては思っています。

 来年は、このあたりをもっとテーマに取り組んでいこうと思っています。




  

 
[PR]
by fenice2 | 2010-11-28 00:39 | 京都

香りの小さな世界ー夢と香り

f0149554_1731487.jpg


 アロマの使い方が普及したのは良いのですが、香りの世界がどうも大雑把なものにされていまったような気もしています。自然の香りの中には、幾ら天然でもそれが一つだけしかないという場所はそれほど多くはないように感じます。

 仮にラベンダー畑があったとしても、やはり土の匂いはありますし、遠くからは森の木々の香りが漂ってきているかもしれません。ただ、ストレスの多い人や自然とは離れた環境に人はいると、そういった本来の自然のバランスの香りの背景みたいなものから遠ざかってしまいます。

 バラには、確かに心地よくさせる香りの力があるのかもしれませんが、それもバラ園のようなところで聞いた香りと、花やの軒先で聞いた香りは、同じようでもかなり違います。香水の構造にはトップからラストまでの分類がありますが、それさえも僕は時々面倒に感じることもあります。

 残念ながら、日本の香道はいまや形だけのものになっていますが、本来人間が深い香りを見分けるという精神的な鍛錬があるのですが、今は癒しという言葉の前に役割を果たせなくなっているのではないでしょうか。

 香りは、本来は小さな世界を作り上げるものです。誰でも感動させる香りをつくったり、大きなホールで同じ香りを芳香させることは、合っているようで間違った香りの用い方なのでしょう。最近ホテルなどで、少し強めのアロマが漂っているとちょっと憂鬱な気持ちになります。

 ふと感じる懐かしい風景の場所でも、ほんのわずかに風向きが変わるだけで様々な匂いが飛び込んできます。そこで感じる心地よい香りは、風景は広大でも香りの世界はとても繊細で小さな世界に他ありません。

 自分だけが、感動できる場所は実際にはそれほど大きな場所ではないような気がします。それは本当は嗅覚だけの問題ではないようです。多くの人が喜んで共感できる場所もよいですが、本当の意味で自分が満足できる場所は自分にしかわかりません。

 香りを作り上げるときもいつも小さな世界を認識していただくことから始まります。しかし、大抵の人は大きな世界で嗅覚を感じることに慣れています。自分が本当に望む香りよりも、誰かが良いとされるようなものを選びたがります。

 動物は逆に香りではないですが、自分の匂いについてはそれを大切にします。人は自分の匂いはなるべく消そうとします。それは良いとしても、自分が本当に望む香りを求めていかないと空しく感じるのではないでしょうか。

 香りを持つことは、夢を持つことと同じではないかと思うことがあります。夢を与えるといっても香りが無ければ、なんのことかわかりません。

 夢は、香りから感じるものです。視覚から抱くものは幻想が多いです。都会にはそういった夢しかないような気がします。香りにしか夢につながるのはないといったら言いすぎでしょうか。

 
[PR]
by fenice2 | 2010-11-25 18:56 | アロマ 香り

詩仙堂の香りー動乱した世の中に出来ること

f0149554_12534384.jpg

f0149554_12542100.jpg


 昨日の夕方から、異様な大地が燃える映像が流れましたが、それがすぐに戦争だと分かるには時間はかかりませんでした。嗅覚の人間の僕は、ここからとても異様な匂いが立ち込めていることがよく分かりました。単なる山火事とは違い、戦争がもたらした大地の響きは、人の心を歪めてしまう何か強い力を持っています。

 NYのテロのあと、もう数ヶ月してから崩壊跡地を訪ねましたが、そこの漂うなんとも異様な匂いにめまいがしそうだったのをよく覚えています。実際に、匂いは殆どないはずなのに何故かいたたまれなくなるほどでした。

 僕自身、調香をやっていて未だによくわからないところがありますが、混ぜ合わせていくうちに何が不思議な恍惚感にあたるときもありますし、逆に弟子の指導をしていて、とんでもない不快感をもつこともあります。同じ香料をつかって、似たような分量でつくっても良いものが出来るときと、そうでないものが出来ることがあります。

 レシピとかチャートとか、組み合わせについては色々いわれていますが、そういう数字にはっきり出来る部分とそうでない部分が人の気持ちや心から、揺らぎのようなものが出ていてそれがモノをつくることに深く関係しているのかもしれません。

 生活の中では、そういった揺らぎを感じるものが少なくなって、機械がつくる食べ物や衣服に触れていくうちに大事な感覚を失っていくような気もします。慌てて、なんとかスピリチャルみたいなところにいって、鍛えようとしても難しいのではと思います。

 そういった、揺らぎみたいなものを感じられなくなると人は、繊細な喜びや楽しさが分からなくなりますから、何か大きな衝撃や出来事に好奇心をもっていくことになると思います。
 
 今の時代は、危ない面もありますが、日本人はとくにそういった揺らぎに敏感になっている民族だと思います。大きな負の誘惑があっても、そういった揺らぎに敏感であれば、もっと繊細で豊かな文化を生み出していくように思います。

 益々、世の中には香りが必要です。無臭だけの生活では何も生み出さないです。愛し合い、慈しむ、それらの世界に香りは欠かせないです。

 

 
 
[PR]
by fenice2 | 2010-11-24 13:43 | アロマ 香り

色と香りー紅葉に潜む香り

f0149554_10182349.jpg


 大文字あたりの山もやっと色づき始めました。先日、紅葉した木々の前でずっとたたずんでいたのですが、もみじに香りはあるのだろうかと思っていました。昔の人は紅葉狩りと言ったそうですが、本当に木々を採ってきたそうですが、狩るという以上は、花や木の実を摘んでくる感覚とはずいぶん違うような気がします。

 僕は嗅覚は人よりも普段から鍛えているので、普通の人ではなかなか気づかない匂いでもわかると思っていますが、それでも淡く、薄いものはそれなりにしか届いてきません。そういう意味では、紅葉の香りというのも、本当に微かなものだと思うのですが、心理的にはかなり高揚させるものがあるような気がします。

 自然の中では、色と香りは必ず何らかの関連があるように思いますが、残念ながらそれは都会に住んでいるとあまりにも色に惑わされているせいか、そのつながりについては断絶されたものになっています。これから実をつける南天などの赤い実も、何か強い芳香をしているような気もします。

 僕は、カラーの勉強されている方に今まで色々お会いしましたが、結局そのあたりを勘違いされているままに仕事をされている方が多いように思います。視覚だけで、人の心理的な動きを説明するのには無理があります。

 人だけでなく、生き物はまず五感の中では嗅覚から情報の伝達が始まります。そして聴覚から触覚に移り、視覚は最後だと言われています。勿論、鷹など視覚が特化している動物もいますが、それでも風の流れによって嗅覚をフルに使っているようです。

 現代社会は、匂いや香りなどをいちいち感じなくても生活をしていく術を身につけてしまっています。しかし、恋愛や初々しい経験などについてはそういった匂いや香りをとても大切にします。やはり、なかなか婚活でもうまくいかない人は、嗅覚が劣っているか、逆に鋭い人が多いように思います。

 また強い香りが、人の心に大きく影響させるとは限りません。あまり気づかない微かなものでも結果として気持ちを極端に落ち込ませるものや、逆に高揚させてくるものもあります。色はその香りのヒントになるものがありますが、それ以上の役割があるようには思いません。

 最近の3Dではないですが、視覚のみで伝達させていくことは、とても歪んだものを心や感情に残していくのではと思っています。美しい女性も、良い香りがあってこそ、その存在がリアルに感じてきます。絵的につくられた美しさは、情報不足によって与える人に誤解や妄想を与えかねません。

 造花は、僕のような香りの仕事の人間はもっとも憎むべき存在ですが、お互いの香りを殺しあっているような花屋さんの見た目だけ綺麗なブーケも好きにはなれません。

 人の五感は、元々自然を的確に捉えるようにできているような気がします。しかし、一度歪まされた感覚は、自然の中に入ってもそれがうまく機能せずに、心地よいものでさえも心地よく感じなくなってしまっているのかもしれません。

 感覚が歪むと、本来あるべきものが間違って伝わってしまうので、それがストレスや場合によっては精神的な病みにつながっていくのではないでしょうか。僕自身は、現代人は嗅覚を中心に視覚や触覚、聴覚などが機微な連携をとっていく生活に戻していくべきだと思っています。

 いくらビジネス的にまくいきそうになっても、カラーなどで心理操作するような活動を行えば、結果として病んだ人を増やしていくのでは感じています。

 心が明るく前向きになるには、感覚を整えていくことが、急務だと思っています。感受性の強い人は結果として、嗅覚が発達した人が多いです。感性も、優れた感覚があってこそです。

 今日あたり紅葉した紅葉の香りをつくってみたいと思っています。ネロリなども使うと良いかもしれません。
[PR]
by fenice2 | 2010-11-18 12:33 | アロマ 香り

一乗寺あたりの紅葉速報です。

f0149554_23495464.jpg
f0149554_23502143.jpg


 詩仙堂のあたり、曼寿院の近くです。この辺りは嵐山が紅葉の色が悪くても、まず間違いはないですねえ。
[PR]
by fenice2 | 2010-11-16 23:56 | 京都

京都グランビアホテルで㈱アリカさんの宝石ショーに参加しました

f0149554_1701040.jpg


 先日は、宝石のショーに参加させて頂きましたが、一度に沢山の方の香りを作るということもたまには良いかもしれません。しかし、作り出すともっと簡単につくろうと思っていたのに、だんだんと手が抜けなくなり、結局いつもとあまり変わらないぐらいの香料を使うことになりました。

 作っていて、いろいろ感じたのですがやはり皆さん、日ごろから親しんでいる香りがほとんどないということがよくわかりました。確かにアロマをつかっていらっしゃる方は多いのですが、どちらかというとあまり好きではないのに使っているという方も多かったように思います。

 調香という仕事は本来、地味なものだと思うのですが、その地味な作業にお客さんが参加して頂くと、それなりに喜んでいただいたような印象を持ちました。占いなども、見えない世界の道しるべにはなるかもしれませんが、それほど深みはあるものではないと思います。

 調香には、人の好みを知っていく不思議な綾みたいなものがあるような気がしています。人の好き嫌いというのは、単純なようで実際にはいろいろなところとつながっています。その中でも記憶や思い出は特に深いものなのかもしれません。

 以前にも書きましたが、記憶には感情が結びついていて、その感情に五感が関係しているのだと思います。今回は、特に年配の方を中心に香りをつくりましたが、年をとるほどに記憶が薄れていくというのは、どうかなと思うようなことがいろいろありました。

 忘れるふりが上手くなるのと、本当に忘れてしまうのは似ているようでまったく違うものではないかと感じました。年齢を重ねても、香りを通じてよくわかりましたが感情や感動は、劣っているわけではなく、むしろ普段抑えているぶん、強い感情を持っている方も多く見られました。

 人はそういう意味では、死ぬまで何かに感動したり、感じていたい生き物なのかもしれません。その力を抑えることは、=生きている意味さえも失ってしまうことになるような気がします。

 今回、多くの方の香りをつくってみてやはり何歳になっても、感じる力は大切だということがよくわかりました。まだまだ、僕自身やらなくてはいけないことが沢山ありそうです。



 
[PR]
by fenice2 | 2010-11-16 17:38 | アロマ 香り