<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

欝にならない香り選びー心に忍び寄る滅びの匂い

f0149554_18485693.jpg


 NYでテロが起こってから、NYの市民の香水や香りに対する好みや嗜好ががらっと変わったように、香りと社会の出来事とは密接な関係があります。日本の経済が強くバブルのような時代には、とても刺激的な強い香水が流行ったものでした。

 しかし、僕がもっとも関心を寄せるのはそういったように香りが時代の流れとともに変化していくということは、その逆のものを封じていようとしているように考えています。

 今の時代は、癒しとか穏やかなイメージの香りが好まれていますが、なぜそういう香りが好まれるのか、香料の範囲では木々の香りや、グリーンをイメージするものが多様されるようになっていますが、そこにははっきりとした理由があるはずです。

 都会生活者が、日々の生活の中から失われてきたというのが大きな理由ですが、しかし本来自然に囲まれた地方でもそれらの香料を必要とする人たちが多いのでなんとも不思議です。人は、疲れたら確かに自然に入れば癒せますが、それだけで補えない心の暗さや深みもあるのも事実だと思います。

 逆をいえば、富士の樹海のようにいかにも自然のにおいが濃い場所でも、人は絶望を癒すどころか余計にその気持ちを高ぶらせてしまうのは何故でしょう。本来落ち着くべきはずの香りも、マイナスの効果を発揮する場合もあるように思います。

 人の心が、傷つき荒んでいった経緯は様々ですが、社会や世の中の滅びの匂いのようなものに触れたのは事実だと思います。滅びの匂いとは、何かと言われれば、精神世界では悪魔のような存在でしょうし、人の気持ちから生まれた恨みや執念、そのほかの醜い感情の集まりだといってもよいかもしれません。

 年に何回か玉藻のように、作品をつくるのは一人一人の調香をいていくうちに、こういった滅びの匂いのような共通のイメージがあることに気づかされるからです。去年から、鬼門香や厄香などもつくりましたが、自分で調香していても似ているような印象が多くありますが、それらの匂いが、まだまだ世の中の奥深い部分を流れているからだと思っています。

 よくどのような香りを聞けば、暗い気持ちから開放されるかなどと質問されますが、松やローズウッドなど木々の香りをお勧めしますが、やはりこの玉藻のように滅びの匂いをよく意識したものを使っていただくと人によって、とても喜ばれています。

 僕の香りの作品は、薬のような部分もありアートのように感動する部分もありますが、それだけ嗅覚で作り出していくのは、緻密な部分も多いのでどうしても伝えるが億劫になってしまいますが、今年は頑張って伝えていこうと思っています。

 
[PR]
by fenice2 | 2011-01-19 20:10 | 滅びの匂い

新作「玉藻(たまも)」の販売について

f0149554_0362738.jpg


 今年も始まりましたが、なんとも不安定な日々が始まったように思います。仕事としても、これほど不安定な出だしで、始まる年はあまり記憶をしていないです。今日も、京都から名古屋に向かいましたが、雪でどの高速道路も閉鎖されていて、たまたま僕が帰った時間は開通していましたが、着いても道路が凍結していてひやひやしました。

 暮れは逆に、京都に雪が降って道路が閉鎖されたので、こちらから行く術がなくなりましたが、まるでこの辺りで日本を分断する動きが出ているような気もしています。僕の周囲でも体調を壊す人も多く、なかなか香りをつくる環境には、世の中が向いてくれないような感じさえします。

 年が明けてから、何故か世の中全体が再び強いイメージを持ち始めようとしているような印象を受けます。その強いイメージを持ちすぎるために、現実そのものの動きが止まってしまったかのような感じがします。長年続けてきた、大きなカルマみたいなものからたくさんの人が抜け出ようとしているのかもしれません。

 しかし、あまりにもイメージが強すぎると足元をすくわれるといいましょうか、大きく生活のリズムのようなものを壊してしまうことにもなりかねません。初詣に行っても、多くの人が願を掛けているようですが、自分の夢を何か一気に遂げなくては気がすまないと思っている人が多いような気もします。

 僕自身そういうことで、久しぶりに気持ちがあがったり、下がったりしていましたが、そういうときにもふとこの玉藻の香りを聞くとなんとも落ち着いた感じになりました。

 玉藻は、少し強い感じもしますが、その強さが次第に心の奥に入っていく感じがわかると思います。この季節はお香もよいものは落ち着きますが、僕はこの香りも同じような印象を与えてくれるような気がします。

 今年は、新しい時代を迎えるにあたって、改めるべきところを改める年ではないかと思っています。長年、誤魔化してきたり、いい加減にしてきたことが、意図も簡単に消え去ってしまう反面、長くじっと耐えてきた人が、大きな大輪を咲かすような年になっていくのだと思います。

 白檀、松、天然スミレ、ベチバー、ネロリなどが中心に入っています。製品のところでご案内しますが、13ccで7800円でお分け致します。こちらからよろしくご検討ください。

  また、お取り扱いご希望の企業関係の方は同様のメールでお願いします。最近、香りについて新しいジャンルの仕事を考えている方からのご相談も承っております。

 



 
[PR]
by fenice2 | 2011-01-17 01:34 | アロマ 香り

今年一年の香りー命名 玉藻(たまも)



 去年もお蔭様で、のべ人数で約400人ほどの方の香りを作らさせて頂きました。今まではその半分も満たなかったので、やはり去年はイベントなども増えたせいでより多くの方に調香の良さを知って頂いたんだな思い、感謝しております。

 多くの方の香りの好みは、様々ですがそこからどういうものを好んでおられて、どういうものを避けているのかがよくわかります。そこからなんとなくですが、今後の世の中の流れみたいなものを予想できそうな気がして、今年も椿大社に遅い初詣をすましてから、作品に取り掛かりました。

 前回も書いたとおり、ローズが生かされなかったことが多かったせいか、稀なことですが、ローズのベースですら入れることはありませんでした。自分ではもっと穏やかな香りが出来ると思っていたのですが、調香してみると意外なほど少し鋭い感じがする香りになっていました。

 西洋マツやネロリが、とても深く絡み合っているような感じがして、なんともその尖ったトップが、世の中の人の心の中に突き刺さっていきそうでした。今回は、作る前から不穏な気持ちが少しありましたが、この香りをつくって聞いていくうちにとても穏やかな気持ちになりました。

 香りを聞いて、万葉集などに何度か出てくる玉藻(たまも)というイメージが浮かびました。玉藻は水コケが丸まったものらしいのですが、はっきりしたことはわからず、なんとも不思議な様子を自然が表しときにその言葉が使われたようです。

 また玉藻前(たまものまえ)という名前の平安末期の絶世の美女が居たそうですが、その正体は九尾の狐らしくて、一時期国中を騒がしたことがあったそうですが、玉藻という言葉には、なんとも意味深のものもあるのかもしれません。

 松が多く含まれる香りは、どちらかというともう少し落ち着きがあるのですが、何度も浮いたり沈んだりしながら、心をゆるがせていくようで確かになんとも不可思議な気持ちにさせますが、それも次第に落ち着いてくると、ゆったりした気持ちを起こさせるようです。

 いろいろ揺らぎながら、不安的な動きをみせながら、やがては落ち着いていく、しかしそこには幻想やミステリアスな雰囲気も時には漂いますが、どうやらそのまま時の流れに任せたほうが良いという香りのメッセージもあるような気がします。

 今年は、もしかしたらおさまるものがおさまる年なのかもしれません。幸福になる人も残念ながら不幸に陥ってしまう人も、その長いそれまでの時間の中で決められたことが粛々と変化していくだけなのでしょう。

 玉藻はそういった世の中の揺らぎを緩和させ落ち着いた心に導いてくれると思います。香りをご希望される方は、メールにしてお知らせ頂けたら思います。

 
[PR]
by fenice2 | 2011-01-06 15:39 | アロマ 香り

明けましておめでとうございます。

f0149554_1943148.jpg


 去年の年頭のブログを読んで、時代もそうでしたが少し心の内面に踏み入れすぎていたのではないかと感じました。心という見えない世界は、今でも解らない部分は沢山ありますが、現実に見えている部分を頼りにしていかないと、ついつい霧の世界に引き込まれることになります。

 心をテーマにする怪しげな人たちは、出来るだけ不明瞭な部分をテーマにしますが、僕は不確かな部分はそのままで触れずによいのではないかと思っています。心は、それほどはっきりしなくても良いですが、暗く捉えすぎるのも本当の心の実態とは違うのではと感じています。

 モノでも特にお金が心には、深く関係しているのだと思います。それだけお金は、モノの中でも、もっとも心とは対照的なものなのかもしれません。戦争もお金なしでは始まりませんし、戦争が生む儲け話も多くあります。

 一連の世の中のスピブームは、そういったお金から生み出されたものではないかと最近とくに感じます。宗教もそうですが、お金を出さないで成り立つものはありませんし、金額が伸すものになると余計に心の問題に深く関係して絡んでいきます。

 しかし、お金がそれほど価値があるものではないということは、本当は誰でもわかっているのだと思いますし、特に若い世代ではお金はあまり深い執着はないですが、それは間違っていることではないと思いますが、お金が多くの人の心に関係していることを理解していないことについては、後々辛い思いをすることもあるかもしれません。

 デフレという世の中を、端的に言うとそういう心の現象の延長なのかもしれません。お金よりも、友情や家族などが大切だと思っている人が多い世の中では、お金が心に絶対的な価値を持ちませんから、デフレは起きにくいのだと思います。(もっとお金を使うようになると思います。)

 香りをつくっていて、心にとってもっと大切なものがあると伝えることが出来れば、僕の仕事は半ば成功したようなものですが、それとともに世の中の暗いデフレの現象に少しは解決の道をつくるのではと思っています。

 残念ながら、今の心の苦しみや悩みに便乗した、占い、カウンセラー産業はこういった世の中のデフレ現象をさらに加速させしまうものではないかとも思います。不思議なことに高額なお金を払って相談をする度に、逆にお金に対する執着が出てくるような気もします。

 自分の命を国に預けて、考えるまもなく死んでしまった時代もついこの間まで、日本でもありました。そのときに今のようなお金に固執する世の中が来るとは考えたでしょうか。何か大きな生きがいや目標を見つけられない人ほど、こういったお金の呪縛にはまってしまいます。

 先日、書いた女性らしさや繊細さみたいなものも、このお金の呪縛にかかると意図も簡単に壊れてしまいます。美肌も良いですが、高額のお金を払って得る美とは何でしょうか?中世で、自分の肌を美しくみせるために若い女性の生き血の風呂に入りたがる王妃がいましたが、それと重なるところもあります。

 美しさも、心の問題と無関係ではないと思います。無表情になって意味も無く白くなった肌をみて、一体どれだけの人が感動するでしょうか?

 心を癒し、慰めるということと経済は今は切っても切れない関係になっています。それならば、僕もお金の執着を捨てて大いに使うほうの手助けをしたほうが良いのかもしれないと思っています。

 
[PR]
by fenice2 | 2011-01-04 23:31 | 調香・錬金術