<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

伊勢型紙と香りの世界ー特別調香会 お伊勢に寄るなら

f0149554_17545556.jpg


 ごく身近な告知で申し訳ないのですが、今週の13日に三重県鈴鹿市の起型紙さんで調香をすることになりました。この企画のテーマは、調香という不思議な世界を通じて、今一度失われつつある日本の伝統工芸でもある伊勢型紙の価値をもう一度再認識してほしいというものです。

 僕も協賛価格にしているので、お一人9千円で結構です。場所は、三重県の鈴鹿市ですが近鉄の白子という駅からは歩いてすぐですが、昔ながらの閑静な街です。

 限定20人ですが、まだ時間によっては余裕があるようです。当日は、香りに加えて小さな伊勢型紙のしおりをお渡しする予定です。

 場所が場所だけに、遠い方は難しいかもしれませんがご関心がある方は、是非に下記までご連絡ください。

 お伊勢さんも近いです。

 hanakagami9@gmail.com 辻まで。

 よろしくお願い致します。
[PR]
by fenice2 | 2011-08-10 17:55 | アロマ 香り

奈良の秘境 玉置神社を訪ねてー凋落した人達、社会

f0149554_38219.jpg


 ここには、京都からでも5時間近くはかかりますが、道も悪くわざわざ好んで行く方は少し前のスピリチャルブームならともかく、殆ど居ませんが、過去有名になった人の中にはここを何度か訪れる人も少なくないようです。

 標高千メートルの場所にそびえ立つのも不思議ですが、ここの神社の由来が畏れ多いものが幾つもあって、空海が高野山を作る際にも、何度も足を運んで許しを乞いにいったり、狐憑きで困って、何処の神社でも祓えなかった強い悪霊でもここでは完全に取り除いたらしく、今でもそのことが三柱神社の境内には書いてあります。

 また天狗が昼間でも闊歩することがあって、不埒な参拝者には大岩を転がして天罰を与えたなど、僕自身が実際に聞いたり感じたりする部分でも、なるほどそういうことを信じるに値することが幾つもありました。ここの神様は、玉置山の頂上に置かれた大きな石がご神体だそうですが、その殆どが山に埋まっていて、一体どれぐらいの大きさがあるのか今でもよくわからないそうです。

 以前に、疲れた時に和歌山の山中を模索して、なんとも言えない山の神々しい香りや匂いに癒されてからこちらを訪れるようになりましたが、僕は自分の感覚を鍛え、研ぎすます為にもこの神社を訪れることは欠かせない日常的なことになりつつあります。

 初めて、ここを訪ねた時は実は辺りがすっかり暗くなってからの真冬でしたが、何故か多くの悪魔が街に向かって飛んでいるのを感じました。そのことと関係している訳ではないのですが、この神社のお札だけが日本でも殆どない悪魔退治と命名されており、悪霊でなく、悪魔とされていることに、太古の感覚に通じるものがあるのかもしれません。

 僕の父親は、社会では成功者でしたが、人と神や自然のとの関係よりも、人と人の関係を優先させた人間でしたから、人としても魅力があって情け深い人間でしたが、最期は苦痛の表情をして若死にしていきました。僕は22歳で父の死に向き合って、その美しくない表情については疑問を持ちました。

 父以外で最初に、自分の師のように感じたのは或る作家でしたが、僕はその弟子になって自己犠牲の尊さや文学や言葉に対する気概みたいなものを習いましたが、結局父ほどは魅力を感じずにその人からも去ってしまいました。

 芸術や文学さえも、人を基盤にしていないとその技術などは大したことはないというのが僕の持論ですが、香りの仕事もそういった、人や人の心から離れない姿勢が大切で、最近そういうことをする人が少なくなって、目立ってきたのだろうと思いますが、こういった漠然とした神や自然から自分自身がどう見られているかという部分を失うと、どのような偉業を達成した人でも、精神的に堕落していくような気がします。

 玉置神社に近づくにつれて、僕のつくった香りが異様に車内の中に立ちこめてきて、確かに少しもれていたことが原因だったのですが、それでも下界ではそれほど感じなかったのに、なるほど古代から神官が神と啓示を結ぶ為には良い香りが必要であったということがよく分かりました。

 今回は、自分のつくった香りを神殿に寄進しに行ったような思いでしたが、改めてその場所で自分の香りを聞いてなんとも心地よい感じがしました。

 堕ちるにまかしたままの社会の中では、どううまく振る舞おうとも人もやはり同じように堕ちていくと思います。僕にとっては、今の社会よりもこういった神聖な場所で息をするほうが自然な感じすらしています。人や社会の評価は、様々ですが、一見自己満足のように見える神や自然との小さな接触の中に、自分の価値を見いだす事を忘れてはならないです。

 
[PR]
by fenice2 | 2011-08-02 04:28 | シャーマン