<< 愛する関係は、救われる関係に似... シルクロード文字をたどってー日... >>

恋や夢、花の香りは大きなグリーンパワーの支えが必要です

f0149554_0331579.jpg


 人間が勝手に作り出した街には、自然の香りの仕組みが根本から壊されてしまっています。僕は、香りの仕事をやっていますが、正直って市販の香水は、ほとんど好きなものはありません。余程高い天然香料ばかりの香水はまだきけますが、最近の香水や化粧品売り場には、ほとんど鼻をふさいで通ることが多いです。

 花や花の香りは、みんなの心に残るとても美しいものですが、本来はもっと儚く、何かの機会があればふっと消えてしまうものではないかとも思っています。

 山に出て、野に散歩して深呼吸をする中で、もっともその匂いが感じられるのは、圧倒的に緑の匂いです。それは、葉っぱであったり、草であったりしますのが、それだけ自然の香りの大部分を占めるのは、このグリーンの香りです。

 香水の世界や香料の世界でも、グリーン系のものは重要ですが、その香りが花の香りや木々の香りと比べられて語られることは稀です。男性っぽい香りをつくるものであったり、時には消臭剤のような役割しかしてこなかったような気もします。

 しかし、広大なトウモロコシ畑でもその匂いの大半は、あの少し苦い感じの葉の匂いです。田んぼの稲穂にしても、大きなりんごの木にしても青々後した葉の匂いを放香させています。

 アロエやヨモギなど草には、実際に怪我を治したり役割がありますが、精神的な役割としてもグリーン系の香料の役割には計り知れないものが多くあります。

 実は、花々の価値や香りの意味もそういったグリーンの大きな力が背景にあって、初めてわかってくるような気がしています。1900年代の前半のフランスの著名な調香師も、自然こそがもっとも天才的な調香師だといっていますが、その後は商品に踊らされるように、特に花の香りの扱いには自然の摂理からは遠く離れたものになってしまいました。

 自然の中には、本当に意味での心地よさや夢を感じさせるものがあります。何時間も高原を歩いていてふと小さな花々をみると、ついついその香りをききたくなってきます。そのときの香りは、とても繊細で儚く、そしてすぐにも忘れてしまいそうなものです。

 しばらくそこから離れて歩くと、もう花々の香りは遠く感じるようになるでしょう。それだけ草の匂い、高原の匂いは、グリーンの香りに支配されています。

 しかし、そういった緑の香りに守られているからこそ、花々や、花々の香りの本当の価値があるような気がしています。

 余分なことかもしれませんが、今の花々はそういった背景で生きているでしょうか。恋愛や女性らしさというのもそれに似ているかもしれませんが、本当に儚さみたいなものを感じさせるものになっているでしょうか。

 香りの世界から、多くの人の心をみると、花畑ばかりを追い求めているような人がいます。そして、その花々の世界を何時かしか飽きてしまうと、今度は香りが全くない、砂漠のような世界に移動してきます。(街は、花の香りと砂漠の不吉な匂いが重なり合っています。)

 人の心を癒し、自分の心を癒すのはやはりこのグリーンの世界を心の中に広げていくことが大切です。以前も書きましたが、心は本来、誰かを助け誰かを愛さずにはおれません。急に花畑になったりするのもよいですが、砂漠に豹変してしまうことは、心を枯らし、愛情を忘れていくことにもなるようです。

 ビジネスとは、何でしょうか。心を枯らして地上の花畑を追い求めていくことだったのでしょうか。枯れない花を心にもつこともよくないことだと思います。人はそれほど何時も華やかに生きていくことが出来ません。

 もっと、人は人を許していくことが出来ます。もっと、人は人を癒していくことが出来ます。将来が心配になっても、誰かが助け合ってくれます。
 
 そして、自分の心に大きな草原を感じるようになったら、どこかでふと小さな花畑を見つけることもあります。そこで、初めて本当の愛情や恋愛を経験することもあるかもしれません。


 
  P.S

 以前のブログで紹介しました、エメラルドの奇跡の香りですが、ご希望の方は、まだお受けしています。心の中に、グリーンの力を取り戻すためにもよい香りだと思っています。メールで問い合わせください。

 
[PR]
by fenice2 | 2009-08-27 01:23
<< 愛する関係は、救われる関係に似... シルクロード文字をたどってー日... >>