<   2010年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

心を伝える技術の衰退とスピリチャル産業

 連日、自殺のことが報道で扱われるようになっていますが、僕からみれば今更という感じに尽きます。

 また、大きく騒いでいる割には、何処に原因があって対策のようなものもないような気がします。
悩みや苦しみを生きていて感じる人が増えていますが、最近ではやはりバブル経済崩壊の90年大前半からでしょうか。僕自身も深く、一部の宗教に傾倒していきましたが、心の病みたいなものが表面化してくるほど増えていった時期なのかのしれません。

 日本人はやはり、邑(むら)というひとくくりの単位で生きてきましたが、それがある時は会社組織になってみたり、実際に地域社会のコミュニティーをつくったりしましたが、精神性やルーツみたいなものが曖昧になっていくうちに、全く丸裸の個人にされていきました。

 邑(村)に居る以上は、それほど深いコミュケーション能力は必要とされてきません。一人一人がその精神性を守られ、欲をかくこと無ければ老後までそれほど大きな苦労をすることなく過ごすことが出来ました。

 僕は、最近の10年は、そういった人の心や精神性を守るはずの社会の組織や仕組みが崩壊していった時代ではないかと思っています。元々、個人個人で守ることが本能にある女性はまだ、そういった仕組みから投げ出されても逞しく生きることが出来たのですが、多くの男性は自分の存在価値さえも見出せずに生きいくことになっています。

 しかし、逞しくなった女性も目の前のことで生きることに必死になって、女性らしさや内面の美しさを失っていきます。感性のほとんどは、女性から発するものが多いので、女性が男性の分野の仕事にまで進出していくうちに、良い感性が世の中から益々失われていっています。

 僕は、男性の生きがいのもっとも大切な部分は、そういった女性らしさや感性を守ることにあるのではと感じています。男性が経済的に支えていく部分をもっと削ってもそういう部分を目指す男性が増えていってくれたらと思っています。

 心を伝える技術も、そういう背景があってはじめて新しく生まれたり、創造されたりしてきます。香りをつくるだけではないでしょうが、僕も以前からピアノに触れるのでよく音楽を作り出したりします。

 新しくつくると言っても、最初は何かに影響されていたり似たものを作り出してしまいます。それで恥ずかしくなって、創造性を止めてしまったら、それで心を伝える術は失ってしまいます。

 創造を諦めることで、心はずっとまた奥のほうにしまいこまれるようになります。心を伝えるのは、そういった努力の連続のような気がします。

 子供が何か無心で遊び、作り出していくものには時々神々しさみたいなものを感じることもあります。コミュニケーション能力がまだ稚拙な子供は、そういった創造物で自分の外の世界と自分を結び付けようとします。大人のほうが、適当に交わることが出来る分、そういった外の世界との真剣さに欠けます。

 また、僕自身も一部参加していますが、今のスピリチャル産業の肥大化です。まるで世の中の色々なマイナスの部分を吸って巨大化しているような印象もあります。この産業が大きくなることは、先ほどの心を伝える技術の阻害になってくるような気がしています。

 必要悪はありますが、次第に産業としては収縮していくことが望ましいのかもしれません。

 株式会社という仕組みも、純粋な経済活動を続ける以上、先ほどの心を伝える技術と矛盾していく部分を生み出していきます。儲かるためなら、心無いことを行動し続けていっても仕方がないということになってしまいます。今の時代は景気が悪くなっているというよりも、日本全体の心そのものが病んでいる印象が強いのではないでしょうか。

 下手でも稚拙でもよいので、何かを作り出すことで自分の心を相手に伝えることが出来ると思います。つくり上げていったものが、心もとないものならそこに作り出す意味がないものなのかもしれませんが、それでもつくりだした行為を卑下するものではないです。

 僕自身も、向かい合う方の心をみるには作り出したものをみないとやはりわからない部分が沢山あります。また、僕自身が作りだしたものと、本人でつくりだしたものも全く違った面の心を表すこともあります。どちらかというと自分でつくりだしたものの方が、本人にとっては価値があるものですから、そちらのほうを指導し一緒につくっていくほうが、僕自身も楽しいです。

 創造した幾つかのものが、自分の心に自然と橋のようなものを架けてくれることがあります。それは何時までも残っているものではないのですが、心が外の世界と一瞬でも繋がった感動は、それを味わった人にしかわからない深い心の喜びがあります。何とかランドで感動するものの、何百倍の感動があります。

 心に触れ、心を伝える技術の文化の復興が必要とされていると思います。

 精神世界ランキング
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
[PR]
by fenice2 | 2010-01-04 19:30 | 調香・錬金術

香りの記憶療法について

 心の病と言ってもとても範囲が広い、調香で果たしてどれぐらいことの出来るか、ここ10年近くは模索状態でした。

 香りは、面白いものでその方の一つ一つの反応をみているだけで、好き嫌いだけでない内面の様子が伝わってきますが、それは視覚でも、赤を見せた後に白を見せるとその残像が映るように、多くの香りを聞かせて頂く連続で、それ自体では分からなかったものが、他の香りと比較するとみえてくることあります。

 世の中で、アロマなどの香料が流行りだしましたが、結局香りの奥深さは、僕は混ぜ合わせること、調香にあるのだと思っていましたので、仕事として地道に続けていましたが、ここ5年ほどは個人個人の香りをつくることを中心に自分の中であまり、きまった製法を定めずに作り続けてきました。

 その中で、やはり心の奥深い部分でのカウンセリングになっていきますが、そういう方の香りをつくる場合で何を軸に香りをつくっていくかについて随分試行錯誤をしました。好きと思われる香りを調香していくのもよいのですが、一時の気休めになっても本当の意味で香りをつくる意味が無くなってしまうのではと感じていました。

 実は、心というものも幾つかの香りや匂いの集合体で、複雑に混じりあったもので出来上がっているのではないかという仮説を立ててみました。やはり高貴な心の持ち主は、芳しい香りがして、邪念や欲望にまみれている人は、独特の臭気があるような気がしました。

 嗅覚には、まだまだ未知の不思議な部分がありますが、少なくとも僕がそう感じた匂いや香りはカウンセリングをしていて、見えない世界を明らかにしていったように思います。そうやって考えると、人は摩訶不思議な能力に憧れてそれを追い続けるよりも、本来は感覚を磨くことにもっとより深い意味があるのでは、思うようになりました。

 第六感、チャクラなど古代人が残した五感では拾いきれないものがありますが、僕はそれらも実際にはとくに嗅覚を磨いていけば、つながるものが見つかってくるのではと思っています。

 香りのカウンセリングをしていて、ふと重く暗い感じの匂いに触れることがあります。僕はあまり込みって相手の過去や心には触れませんが、やはりそこから話をすれば大体のことは繋がっていきます。

 心に悪魔が住むには、それに相応しい空間が必要です。その空間には、常に臭気が漂っていて悪魔を招きよせています。

 臭気の原因は、色々な悪感情、恨みや憎しみ、後悔ですが、それが強い記憶を呼び戻す原因になっているような気がします。感情、記憶、匂いや香りはそういうふうに色々な形で結びついていうようです。

 悪い感情を抱いてしまった原因を、一つ一つ香りを交えて解決していきます。臭気一つ一つに対峙する香りの選択が必要になってきます。TVの宣伝のように臭いものに、別の香りでカバーしても根本的な解決にはなりません。まして、心に関係している匂いなら尚更です。

 ユリの花を例えにとると、この花があった時期に悪い思い出がある人は、この花の香りを聞くたびにそういった過去を思い出してしまいます。しかし、本来、この思い出には匂いはないはずですが、悪い記憶が匂いの記憶として心の何処か(脳も関係していると思います。)に残します。

 本当は、悪い思い出そのものにユリの香りが含まれているわけではないです。ユリの香りは単なるきっかけに過ぎないのですが、どうしても好きにはなれなくなります。

 この場合、ユリの香りは全く関係ないのだと分かってくるだけで、その負の記憶システムは、破壊されてきます。これは簡単な例ですが、もっと複雑な仕組みから悪い記憶がずっと心から離れずにとどまっていることもあります。

 いずれにせよ、感情を啓発すべき匂いの元をうまく分散できれば、それは感情としてイメージされてこないので、記憶も蘇ることもなくなってくるようです。この仕組みは、香りの勉強会に多くの人が参加して頂いた結果わかってくるものでした。

 心の病が、殆ど解決できるなどとは言いませんが、この香りと記憶の結びつきを解いていったことで、多くの可能性があるのではと思っています。前世療法のように、新しい分野の治療法として確立できれば思っています。

 僕以外にも、この療法が出来そうな方が数人育ちつつあります。過去の忌まわしい記憶から逃れることが出来て、一人でも多くの人が、新しい未来に向かっていくことが出来ればと思っています。

 今年は、僕の仕事の中心はこのことになりますので、勉強会でもこのことには今まで以上に触れていきたいと思っています。

 精神世界ランキング
[PR]
by fenice2 | 2010-01-03 16:55 | 香りの記憶療法

翼のような一年ー新年のはじめに

f0149554_10670.jpg


 このブログもお蔭様で、僕が意図する以上の方々が読んでいただいているようで、香りについて中心に書いているつもりですが、少しは何かの役にたっていただいているようなことのメールを頂くと、とても嬉しく思います。

 僕は、こういうようなブログを書く前は、男女の問題について真剣に向き合ったものを書いていました。但しそれは、自分自身の生活の一部も赤裸々に書いたこともあって、お恥ずかしい限りなのですが、それなりに多くの人が閲覧して頂きました。

 たがが、恋愛や色恋沙汰と誰でも、そう捉えたくなるものですが、今のように相談にのって特殊な立場から意見や助言をしているのではなくて、一緒に考え僕自身も色々な悩みながら考えながら進んでいきました。

 今でも、そういう立場や姿勢は忘れてはいけないと思っていますが、或る一部だけの技術(心理学や占術など)が突出して、人の心や精神世界をみていくことは、とても歪んだものを生み出してしまうのではないかと感じ始めています。

 しかし、身内の関係とくに親子の関係が疎遠になると、大抵の人は自分の心について悩みが生まれ、色々な蟠りを感じるようになります。表面上は良いように見えても、自分の心が重くなっていく人は、根本的な人間関係が壊れている兆候です。

 縁という抽象的で不思議な人のつながりをみていても、ます親子関係が僕はもっとも重要ではないかと思っています。それを度外視して、外にも良好なつながりが出来るとは思っていません。

 今の時代は、同性よりも異性の親子関係で、その中身が淀んでいるか疎遠の方が多いようです。男女関係の元になるものも、このあたりに原因があるのではと思っています。

 以前は、ファザコンとかマザコンとか言われましたが、今はそれほど単純なものではないような気がしています。ファザコンとマザコンの方が一緒になって、さらに複雑な人間関係を結んでいきますが、そういう方が、純粋な恋愛や愛情の関係を家庭以外の外の世界で築こうと思っても、土台難しい話になってきます。

 そういう意味では、僕自身は目の前の恋愛や色恋沙汰がうまくいくとか、うまくいかないということは、長い人生の中では、それ自体にはあまり意味がないのではと思っています。

 男女の世界は、多くの人が誤解していますが、古代からうまくいかないことの連続です。野球の打率よりもずっと確立の低い世界なのが、男女の世界と言ってもよいかもしれません。江戸時代の男女の物語などは、むしろそういう短い春を最初から楽しもうとしていますが、現実をよくみた情緒のあり方なのかもしれません。

 愛情が永遠なのと、男女の関係でうまくいくということは、似ているようでかなり違うような気がします。男女の関係で絵に描いたような美しいイメージばかりをもっている人は、大概現実には苦労することになります。

 人を愛することは美しいのですが、愛し合うことは僕は多くの幻覚を生んでいむのではないかと思っています。お互いの愛情の時間は、人により状況により違ってきます。そういう意味では、常にタイムラグがある世界といえるのではないでしょうか。偶々、そういう時間を過ごすことが出来たとして、それは気まぐれか神様の賜物ぐらいにとらえたほうが良いです。

 しかし、長い時間の中では、愛し合ったという記憶は残っている人もいます。これは一見すると喧嘩ばかりやっているご夫婦でも、二人が残してきたお子さんや家庭、そういう創造物が何よりもそういうものを感じさせるからなのかもしれません。

 そういう意味では、お互い愛し合って生活していくことは、不可能ではないと思いますが、家族や子供さんに対するしっかりした目標やイメージ、またそれに耐えうる忍耐力も必要です。

 出来の良くないお子さんが生まれて育っていくこともありますし、身内関係などでもめて家庭がイメージしたとおりうまくいかないこともあると思います。しかし、大きな山を登るように、飢えに耐え、気持ちの寒さに耐え、何も夢も抱けない場所でも、前に進み続ければ、最期にはそういった愛し合ったことでの記憶を残していくことが出来るような気がしています。

 何度もいうように、今愛し合っている時間は、どれだけ楽しく甘いものでも、その後には空しく何事も無かったように消えていってしまいます。そういう意味では、恋愛はまるで人を凋落させる麻薬のような一面ももっているのかもしれません。

 香りのイメージで、本当に人の心を救われたと感じさせるものは、やはり前者の長い時間の中での愛の記憶です。短時間で起こった愛の記憶で香りを創造しようとしても、うまくいくことはないです。

 愛し合った記憶は、特に親子の関係の中で、今の時代は求められている気がします。自分の親子で築くことが出来なかったそういう愛の記憶を、単純に男女の関係の中で求めていくことは不可能です。

 今年は、翼のような一年を迎えると思っています。ずっと飛び立つ準備をしてきた人たちは、多くの海を越えて次の時代の背景に飛び立っていきます。翼の無い人にとっては、辛い一年になります。

 追伸  

 HPを幾つか更新しました。今年から、本格的に香りにより記憶の治療を始めます。最終的には心の治療が目標ですが、その前に忘れたくても忘れられない忌まわしい過去の記憶などを和らげることが、先ではないかと思っています。

 香りの記憶療法で多くの人の役に立ちたいと思っています。興味のある方は、HPをご覧ください。

 CO-DAI HP

 
精神世界ランキング
[PR]
by fenice2 | 2010-01-02 13:12 | アロマ 香り